カテゴリー「ちょっとお出かけ」の135件の記事

2018年5月28日 (月)

とんでも?ミステリー・クラツー・2018.5

5月7日~8日 クラツー グランドオープンミステリー バスツアーに参加を。

午前10時 津駅前集合ということで まぁ近場の神戸か京都かなぁ 事前にネットで検索すると ありましたありました。ネタバレブログで ありゃぁ やっぱりというわけで・・。

添乗員は 中年?男性 「I」さん、伊勢発のバス、乗車前に転びましたとかで 津からの自己紹介で ありゃバスの中で転倒、何やら体調不良の様子、方角は 奈良方面、まずは桜井市の大神(おおみわ)神社へ。

そして次はとなると いきなり 「はい 着きました。今井町です。どうぞお降りください。」と。
40名近いツアーの方々 「??今井町って?」、降りたら その地のガイドさんが ご案内しますが ひとり200円要りますと、ありゃ聞いてないし、と。で、単独行動する人 ガイドさんについていく人 バラバラに。


この今井町、橿原市にある歴史的な寺内町、静かな佇まいの街で おぉぉこれはと、ガイドさんも熱心に説明を、途中 雨が急に大降りに、走って傘を持ってきていただいたりと、で それはそれで良かったのですが 添乗員さんはバスの中で 横たわり・・歩くのも辛そうという瀕死状態・・一同唖然というわけで、そんなこんなで天気も悪く また説明なしに 某公園、夕食は ホテルでなくて 奈良市内の某レストラン、若草山山頂で 何も見えない夜景観賞、ホテルはJR奈良駅近くの ドーミーン系列 野乃 奈良へ。
ここがまたバス降りたら 目の前ホテルかと思いしや 雨のなか 歩いて5分・・これまた なんの説明もなく・・・一同 ブーブー。
ただ このホテル、靴を脱いだらスリッパなしのくつろぎ出来 朝のバイキングがまた美味しい(ホテル夕食はなし、ラーメンサービスが夜のみ、これがまた美味!)。
外人さんに大人気とかで 温泉の露天風呂も 白人の方が おふたりほど、対応・接待もスタッフ皆さん上々でした。

で、次の日 朝8時半(ホテルから5分の)バス集合予定が 急遽 添乗員さん寝込んでしまい 豊橋から別の添乗員が来ますとのこと~ホテルよりその話が~で 集合時間は9時半になりますと。

既にバスで待ってる方もいたり まぁ一同大混乱に。で、部屋に帰る人やら 朝食会場で待つ人やら 怒り出す方も。
で 女性添乗員さんが駆け付け さぁ出発、どうやら Iさん 脳異常かなにかで 救急車で運ばれることになったとか・・。

代わりの方は まぁテキパキと出来る方、今井さんでしたっけ?
で、春日大社よって 京都へ、おたべ本館・試食~下鴨神社~お昼は嵐山~松尾大社~西利でワイン付き試食とあって やっと二日目は穏やかなツアーに。
お詫びにと 嵐山ラスクが全員に。
津駅には 夜7時頃に。そこで 名古屋から駆け付けた クラツー上司の方ふたり バスのなかで お詫びの挨拶が。

というわけで まぁ一同 こんなのはじめて 一生記憶に残るツアーやったわぁと・・。
確かに。
まぁ いろいろ画像を。

Cimg0003 Cimg0012 Cimg0032 Cimg0048 Cimg0041 Cimg0053 Cimg0055_2 Cimg0064_2 Cimg0076 Cimg0080

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 7日 (土)

2017 追記です

昨年20017年で ひとつふたつ UP漏れが・・

で、11月16日 1泊熱海を(^^♪
名古屋から新幹線で ひかり 熱海へ。

まずは 日本一短い?ロープウェイで 熱海秘宝館へ参りました。
残り少なくなった 秘宝館、ひほうかんで入力しても さっと出てこないという寂しさ・・。
マリリンのひらりスカートはハンドル回しての手動式というのが よろしいです(^^♪

少し ひなびた感じも よろしいです。割引券で1500円は 安い?
次は 熱海城へ。歴史的なお城ではなくて観光のお城。

泊は 横山大観ゆかりの 大観荘へ。ここで 東京在住の二男と合流。
翌日は 2回目のMOA美術館へ。何十年前に訪ねたときは たぬきのブローチがあったのですが 今はもぉ・・、そのたぬきをUP。

熱海遊覧船でかもめさんの躍動を。

久々の熱海は大変化、駅も模様替え、駅前の商店街は平日にもかかわらず えらい人人人、そして坂道が・・帰り道、熱海銀座からは もぉこれは無理と駅までタクシーを。
坂道多く 膝を痛めるお年寄りばかりですと 運転手さん。自転車姿は見当たりません。



Cimg0003 Cimg0001 Cimg0006 Cimg0009 Cimg0011 Cimg0013 Cimg0031 Cimg0043 Cimg0053 Cimg0093 Cimg0093_2 Cimg0116


以上 熱海でした(^^♪


続いて
10月30日 1泊 城崎温泉へ。
3度目の城崎、Sご夫婦 あたし夫婦 近所のKさん 車はレンタカーで 運転はYさん、計6人で。
天橋立経由で 泊は「喜楽」さん、外湯巡りを数か所で。

帰りは 城崎温泉ロープウェイ楽しみ(ロープウェイ係の彼女とカメラに)、出石そば食べに・・「玄」さんというところで 6皿 卵とともに、美味!
とういわけで お土産いっぱいの Sご夫婦のぼやき漫才聞きながらの 楽々ツアーでした(^^♪


Cimg0005 Cimg0011_2 Cimg0018 Cimg0038 Cimg0048 Cimg0068 Cimg0006_2 Cimg0007
城崎の伊賀屋さん、初のソーラーふりふり狸が!
ちぎり和紙の多良福狸が!

これは嬉しゅうございました(^^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 5日 (木)

国内お出かけ つづき

2月25日

阿児町安乗 2度目の民宿「かねよ」さんで 安乗ふぐの一泊宴を。
H御夫妻と。


翌日は 安乗灯台寄って 鳥羽から二見 「おひなさまめぐり」を。けっこうな数の場所場所で おひなさま、満足満足。久々の てこねずし(まるはまさんにて)も 美味しゅうございました(^^♪

3月21日は 初の文楽鑑賞を。文化会館中ホールにて。
新鮮新鮮、けっこう大掛かりな背景に 三人がかりの人形、三味線、物語を語る太夫。
そして 演目は「曽根崎心中」、ちゃんとあらすじがテロップに、助かりました。
癖になりそうな(^^♪


3月24日から27日、初の茨城・千葉方面へ。

25日 名古屋駅集合6時55分、これは早すぎるというので 新幹線口・三交インにて前泊を。ふたりで13千円、まぁ狭い これは正しいシングル部屋、朝食無料サービスとはいえ 6時半からとは、もぉ2度と・・ブツブツ。
ツアーは18人、三重県からも多数、明和町から夫婦3組が、やはり前泊、名鉄インでとか、2人で 広い部屋で 23千円、食事も ちゃんと6時前からとか、今度はここにと・・。

さて 添乗員は若い男の方 高瀬さん、新幹線から富士もくっきり綺麗に、そして東京からバスで まずは初の水戸偕楽園、梅は盛り過ぎてましたが 広い園内にほぉほぉと。水戸梅大使と記念撮影を。
ガイドさんは千葉在住の石橋かおりさん、この方のガイド 聞かせました勉強になりました(^^♪ついついメモしちゃうという 話の濃さ。
水戸といえば納豆、でも消費量は 福島に追い抜かれて第2位とか。
で、千葉へバスは入ります。初の成田山新勝寺、けっこうな人出、空港に近いこともあって
 空には飛行機姿も。ここはうなぎも盛ん。
飛行機姿のうなぎ「うなりくん」がキャラに。
そうそう茨城の牛久の大仏さんも横目にしました。「下妻物語」で知り 一度訪ねたいところ、なかなかツアーでは この大仏さん、みかけません。
名残惜し気に カメラに遠景を。


Kimg0015 Cimg0010 Cimg0021 Cimg0032 Cimg0038 Cimg0039


国民宿舎 サンライズ九十九里浜に泊を。
快適なホテルで、ベランダで内緒タバコを。夜バイキングも納得を。
ガイドのかおりさんから 千葉話を沢山、九十九里では、芥川龍之介の恋文のこと、光太郎・智恵子のこと、おぉマァジャン博物館が、チバニアルというSN極逆転地層のこと 他他、まぁしかし 千葉はどこに行っても 落花生、みそ味半ナマ いろいろ買ってしまいましたわぁ~。

いすみ鉄道で 大原から大多喜へ。東京からお姉さまおふたりが。
そしてメインの神秘の絶景・濃溝の滝(実はその滝はショボイもので 濃溝の洞窟が正解かも)を。カメラ位置はなぜか立ち入り禁止看板が、でもカメラ構える人はワンサカ、ただ立ち位置がちょっと危険風。
そこから 難所「のこぎり山・地獄覗きと大仏さん」を。ロープウェイ欠航で近くにはバスで。
まぁ昇り階段が急で。。まぁ岩場もあって。。途中へたりそうになり やっと覗きどころへ。
その後 23日 足がガクガクでした。
高瀬さんと、かおりさんと。


Cimg0043 Cimg0044 Cimg0050 Cimg0059 Cimg0062 Cimg0069 Cimg0070 Cimg0073 Cimg0077 Cimg0080 Cimg0084 Cimg0092 Cimg0108 Cimg0128 Cimg0121


廃校になった 小学校を道の駅にした「保田小学校」、野島崎経由で 泊は はやめに5時 白浜温泉 ウミサトホテルへ。ところが 夕食は7時過ぎから、皆さんブーブー。
部屋の洗面が狭い、トイレの照明が故障、他他・・あって
27日は 千倉の花畑で花摘み おひとり5本まで、金谷からフェリーで 三浦半島・横須賀の久里浜へ。
マグロ丼(美味しかったです)の後、城ケ島寄って かおりさんにサヨナラし 小田原発5時36分 こだまで帰り道に。9時のアーバンに大急ぎで乗れました(^^♪

初の房総半島旅は お天気も最良で よぉございました(^^♪
千葉は また訪ねなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お出かけ まとめ

国内のあちこちを まとめて(^^♪

もぉ~昔話に。
2017年12月10日~12日 クラツー・夫婦限定ミステリーツアーに。
名古屋駅集合で しなので木曽福島へ。添乗員は またまたの市川さん!
バスで 辿り着いたのは松本市美術館、草間彌生さんの水玉スペクタクルを(^^♪水玉バスも走り草間色の松本でした。
泊はホテル翔峰、翌日は 安曇野アートヒルズミュージアアムでガラス作業を見学、雪の新穂高ロープウェイ、泊は穂高荘・山月と、今回はたっぷり連日温泉に。
史上最強寒波のなか、雪舞の「君の名は。」飛騨白川から高山コースで帰路へ。
東海道線不通ととなり 急遽 美濃から多治見 普通列車で名古屋へ。
大荒れのミステリーツアーとなりました。
たぬきのお土産もふたつ(^^♪
Cimg0010 Cimg0012 Cimg0023 Cimg0043 Cimg0048 Cimg0059 Cimg0064 Cimg0095 Cimg0097 Cimg0107
Cimg0116 Cimg0117
2017年12月19日~20日
宇奈月 クラツーバスツアーへ ご近所夫婦3組で。
なんと添乗員さんは またまたまた! 1週間前の市川さん、昨年の同3組ミステリーかにツアーも 市川さんでした(^^♪ 
越前 せいこ蟹が目玉?というわけで 初のせいこ釜飯がお昼に。美味・メスのズワイガニ。

曹洞宗・御誕生寺で座禅体験後、宇奈月温泉・延対寺荘に宿泊を。
町のくすりやさんで たぬきの姿を、車窓より。

翌日は 薬屋さん・池田屋安兵衛商店で 反魂丹(はんごんたん)等を。
冬景色の窓観つつ 金沢・ひがし茶町経由で 近江町市場で お買い物後 帰り道に。


Cimg0001 Cimg0012 Cimg0023 Cimg0029 Cimg0064



2018年1月4日は シルク・ドゥラ・シンフォニーへ。
三重県文化会館にて。名古屋公演はS席12000円、こちらはS席5000円、この差は?
サーカスとオーケストラの競演、けっこうなスペクタクルでありました(^^♪

1月7日、お泊りの カミさん友お連れ2人 計4人で、ひとつ津の名所 津ボートへと。
何十年ぶりかの競艇、まぁ綺麗になって、初心者は B指定席に招待ということで 座席付きのところへ。
1Rから5R、負け続けで 6R、これが2連複大当りで 6000円の大アナ、300円買っていて 18000円に。けっこう女性レーサーの方多く、山下友貴さん31歳メインに買ったのですが ノーマークの男性の方が1着になり おぉぉぉ~の展開に。

マークシートにも慣れたところで 帰りましたが、今は 当たり券機械に入れると ちゃんとキャッシュがシャシャーと(^^♪感激ですねぇ。

2月14日 いつものお連れ夫婦と再度、B席招待券を 初回の時いただいたので。
この時は あまり良い話はありませんでした。


興奮の五輪あけて
(大好きな沙羅ちゃん、銅メダルで良かった~。小平さん、大好きになりました。眼の輝きが素晴らしい。)
2月21日、1泊クラツーツアー 伊豆桜巡りへ。新幹線で 三島降り、河津桜へ。満開かと思いしや残念チラホラ段階、弓ヶ浜温泉・壷中(こちゅう)の天宿〇文(まるぶん)に泊を。
この弓ヶ浜 まさに弓なりの こじんまりした姿でしたが 絵になります(^^♪


露天風呂付ということでしたが 温泉ではなく 普通のお風呂仕立て、結局使わず終いでした。
翌日は 何度目かの青の洞くつ遊覧船、伊豆の里パノラマパークと。
途中、南伊豆に停泊中の 「光進丸」を車窓から。写真左がその姿。今は炎上してしまい
なにか加山さんの影が ふとつ消えてしまった寂しさが・・。



Cimg0008 Cimg0016 Cimg0035 Cimg0040 Cimg0095 Cimg0104 Cimg0105
つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月13日 (火)

ニュージーランド旅 2

28日
湖畔のリゾート・ワカナへ。
ノボテル クィーンズタウン レイクサイドに連泊ということで
29日は
いよいよ ミルフォードサウンドへ ミラー湖、ホーマートンネル(NZのトンネルは珍しいとか)経由で 6時間かけて。
異常気象か、まぁ暑い!30度超え。

クルーズは1時間半ほど、絶景を楽しみます。
現地ガイドは 高橋あやこさん。TDの恵美子さんと同じく 旦那様は NZの方、世界一優しいのが NZ旦那とか、何から何まで やっていただけるとのこと~へぇ~。
そして帰り、小型飛行機でクィーンズタウンへ。当初その予定はなかったのですが あやこさんの「お金には代えられないですよ」の一言に 
予約は2組だけだったのが 我も我もと~ちょうど ギリギリ乗れるとのことで、ひとり4万円 日本円払いとのこと、ありゃ 手持ちがない ホテルに帰ればあるのだが・・で、タバコ仲間の Mさん、「貸したげるよ」と~3万円お借りして~Mさん夫婦だけは バスで帰るとのこと~

約45分のフライトを。
Cimg0075Cimg0074 Cimg0078 20180129_111641 20180129_1227301 20180129_1321491 20180129_1423551 20180129_1427031 20180129_1431192 20180129_1439531 20180129_153302 20180129_1544061 20180129_1546271 20180129_1548091 Cimg0100 Cimg0105 20180129_161100 20180129_1802431 20180129_180243 20180129_1804392
早めに着いて クィーンズタウンをあちこちと。ビーチは日光浴の方でいっぱいです。

巨泉さんの OKストアで(オークランドにも)お買い物を。巨泉さんの遺影も。

Cimg0122 20180129_182815

30日
国内線で オークランドへ戻り 市内観光後 ヘリテージホテルへ。スィート風の広々ルーム。

ラスト夕食は 7組夫婦と恵美子さんで盛り上がりを。14名中 AB型が4名とは、B型は あたしと某奥様のふたり、AB型が集まると 天気も上々になるという結論に。

82歳の最年長 Nさんご夫婦、愛媛県四国中央市から Sさんご夫婦、他 同世代の方が3名も、夫婦限定ツアーですからねぇ。

まぁしかし今回のツアーは晴れ続き 傘の「カ」もいらなかったというのは珍しいこと。何やら来週は大荒れになるという予報が。


20180130_1320501 20180130_1320502 20180130_134749 20180130_1713281 20180131_0950096
31日、帰りの機内では リンダ・カーターさんの「ワンダーウーマン」を楽しみ、関空には夕方5時半に。
帰宅は9時半に。

時差が少ないせいか 時差ボケもほとんど無く また訪ねたいNZ旅でありました。
速足報告を(^^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月12日 (月)

ニュージーランド旅へ

なんと久々のブログを~新年の御挨拶もしていませんでしたというわけで~

年賀状で失礼を。

Img037_4


武陵源風景に 欧州あちこち 安藤玉恵さんにワンダーウーマン 城崎狸 そしてマーシーさん等 そうそう熱海のマリリンも(^^♪

さて
1月24日から31日の クラツー・ニュージーランド旅のご報告を やっとこさ・・。

夫婦7組14名 TDは藤田恵理子さん~今回は関西空港からということで津から上本町へ近鉄特急、上本町から直通バスで 関空第一ターミナルへ。これが楽々コース。

夜9時30分 NZ航空で一路オークランドへ。時差は4時間、あちらは夏模様。ただビジネスクラスとはいえ まぁ空間がない、ゆったり感がないのが今一つ、フラットでの眠り空間も CAさんが設置するというのも 何とも・・。

で オークランドへ 11時35分、そこから南島のクラストチャーチへ国内線で、で クラストチャーチ着が午後3時25分、そしてバスで 市内を。
家庭訪問の後 紙の大聖堂(2011年の地震でシンボルだった大聖堂が倒壊、代わりに建てられた日本人建築家によるもの)、そしてモナ・ヴェイル ガーデンパークへ。
まぁ 可愛い少女がビキニ姿で・・ビデオカメラに手をふってくれました(^^♪
ホテルは ダブルツリーバイヒルトン、翌日は ミルキーブルーのデカポ湖へ。
「湖畔」で 大評判のサーモン丼を。
あまりサーモン好きではないあたしも、これは美味!大満足でございました。

そして 善き羊飼いの教会で 絵になる風景を。
次は マウントクック国立公園へ。

20180125_174245 20180125_1750051 20180126_1226431 20180126_124712 20180126_1326392 20180126_134714 20180126_1351251 20180126_1501511 20180126_153000 20180126_1614571


まぁ くっきり晴れ晴れ 目の前にマウントクックが!

リゾートホテル ハーミテージに連泊です。

次の日は 27日、ハーミテージから ケアポイントまでハイキングというわけで ほぼなだらかな道でも あたしにとってはヘトヘト道、なんとか無事にホテルに帰り、昼食後 タスマン氷河湖ボートクルーズに。
このボート乗り場まで まぁ砂利道を20分歩くという難行苦行、普通 道があるなら車で行けるだろと皆さんブーブー。
NZはできるだき自然を壊さない主義だとか・・で、クルーズは大迫力の ボート運転に 氷河の氷を手に持ち 記念撮影までというサービスも。癖になりそなクルーズではありました。
ホテルで夕食、部屋で TDの恵美子さんと 焼酎のロックで乾杯を。スペインでは イエロー、こちらでは アイスキューブ、氷は手に入りました。



20180126_165215 20180126_174549 20180127_092059 20180127_100521 20180127_1448253 20180127_1453103 20180127_1530574Cimg0052Cimg0059


タバコのはなし~NZでは タバコ50本の入国制限(それ以上は税金が)、へぇ~そんな国があったのかというわけで カミさんとそれぞれ タバコ2個(計40本)を持ち込みました。
そして こちらではタバコ1個3千円ほどという値段が!


ツアーのおひとりだけ タバコ仲間が・・。
ひとつ記念にとコンビニで買いましたが(何やら机中から厳重に取り出すという仕組みらしく、店頭には置かれていませんでした。)


パッケージがまた怖い、小さな子どもが 毒マスクみたいなものを付けられて・・。

さて 28日、マウントクックがここまでキレイにみえるのは 珍しいとか~晴れ晴れのなか クィーズタウンへ向かいます。

クィーンズタウン ノボテル・レイクサイドに2連泊を。
それにしても この南島、バスで移動するのですが まぁ真一文字の道、人はいない 家はない 信号も何もない 牧草地帯を、いるのは 羊さんと牛さんと馬さんだけ、放水具が ところどころにという まぁ びっくりの異次元世界、日本より少なめの面積に 人口460万、羊の数は その6倍とか・・。(1982年当時は 人口315万に羊さんは 22倍だったとか、今は 牛さんが顔を利かせています。


20180128_1207214 20180128_1223511 20180128_120914 20180128_141211 20180129_090139
20180128_1021321 20180128_102241 20180128_1207211

つづく   


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月15日 (日)

中国 武陵源旅

9月20日~24日 クラツー・スリル満点 天門山空中散歩・世界遺産 武陵源旅へ。

ツアー参加20名 添乗員は金子亜希さん。上海経由で 湖南省・張家界着 22時20分、その夜は ホテルへ。久々 3回目の中国です。
中国はもぉやたらライター・マッチに規制あって 上海で5時間ほど空港内滞在、ライター没収のため 空港内の1ケ所でしか煙草場所なく 備え付け固定ライターでの喫煙を。その光景を画像で。以前は 中国出国の際 ライターを没収されたことはありましたが、入国の時は そこまで厳しくなかったように。

20170924_1044411 20170924_1044412 20170924_104907 20170924_104926 20170924_1044413


しかし ホテルの部屋には ちゃんと灰皿・マッチが!これには感激。
そしてバスローブ・スリッパ・歯ブラシ完備とは(^^♪
21日は 7455mのロープウェイで 天門山頂上へ。エスカレーターで 天門洞へ。
ガラスの桟道体験の後、帰りは皆さん 999段の階段で。
最近下り階段が怖くなってきた あたしと 同行の90歳のおばあちゃんと娘さん3人は 下りエスカレーターを。

20170921_090231 20170921_0937261 20170921_0937264 20170921_1025372 20170921_102606 20170921_1106521 20170921_1136232 20170921_1149463 20170921_1220591 Cimg0016 Cimg0030 Cimg0037 Cimg0046 20170921_1930333

昼食後は 武陵源散策を。亜希さんとふたりで。
そして 連泊プルマンホテルへ。
ベランダあって もちろん灰皿・マッチも。嬉しい(^^♪
夜は お隣の劇場で少数民族ショーを。大音響、大観衆のなか 雑技団風ミュージカル、楽しめました。参加者は あたいとカミサンと同年の現役弁護士のKさん 3人でしたが。
さて23日は 昨日に続き アバター宇宙・武陵源観光へ。
326m、野外で世界一高いエレベーターで向かいます。




20170922_0921451 20170922_103438 20170922_103644 20170922_1041091 20170922_104109
20170922_1038162 20170922_1149565 20170922_1313461 20170922_1412132 20170922_1413045 20170922_1410142 20170922_1419033 20170922_141414 20170922_1416133 Cimg0070 Cimg0075 Cimg0081 20170922_1504101



もぉ そこはアバター宇宙、奇跡の絶景が広がります。
しかし まぁ天門山でも何処でも 人がいっぱい、それも中国人の方ばっかし、まぁかしましい やかましい、階段をアップ・ダウンの連続、自撮りスキの皆さんが 邪魔、ツアーで20人行進するも 割り込み横行、地声でもうるさいのに それにマイク付けて怒鳴り狂うガイドさん、2倍疲れます。中国の方というのは 耳が普通じゃない構造になっているのか、中国語は発音が難しいので 声が大きくなるという説もありますが、それ以前の問題で、あそこまで 怒鳴らなくても・・お元気はお元気・・まぁあのマナーの悪さで 世界征服を狙ってるとは・・。

で、途中 迷子になってしまいました。後方を 階段上り下りしていたら ありゃいつの間にかツアー一行の姿が見えない!どうしたものか まぁ流れのままに上り下りしていても 皆さん何処へ?
武陵源で一人取り残され さぁ・・迷子の時は その場所を動かないほうが良いであろうと・・しばし待つことに・・そして 探しにみえた現地ガイドの 王わんさんの顔に あぁよかった~と。命の?恩人 王さんとカミさんの画像も。

武陵源を背景に 連なるロープウェイの これまた絶景、こんな光景 始めて(^^♪
「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 沙羅双樹の花の色 盛者必滅の理をあらはす」の さらそうじゅ・沙羅双樹を模った 亜希さん推薦のブレスレットをお土産にいっぱい買い込む御一行、もちろんアタシたちも(^^♪ひとつ10元は安い!


夜は ひとり400元 天門狐仙(てんもんこせん)山水音楽ショーへ。まぁ野外での劇場、スケールにびっくり、チャン・イーモォ監修、天門山がまぁライトアップされ 総勢500人の演者、これは もぉ必見です!

20170922_202445 20170922_2037232 20170922_2039393 20170922_2046541 20170922_2052217 20170922_2056362 20170922_2156391 20170922_210135 20170923_110216 20170923_1106511 20170923_131342 20170923_1446252 20170923_1531041 20170923_1528472 20170924_0847583


23日は 宝峰湖を遊覧、貸し切り船で やかましい方々も無く ゆったりのったり、こういうの最高です。拍手をすると 民族衣装の青年が唄を一曲というサービスも(^^♪
なんと小船で鍾乳洞をという 黄龍洞を、そして いよいよ 375m 大峡谷ガラス橋へ。まぁ関所が 5ケ所あって 行列行列の連続 そこへたどり着くまでに 軽く1時間(いつもは 2~3時間とか) これまた人気スポットだけあって 中国の皆様がまぁ 走るわ割り込むわ 大騒ぎ、ここはなんとカメラ・ビデオ持ち込み禁止、携帯・スマホのみOKという修羅場、何やらハンマー等持ち込み ガラスを割る輩はいたとかで・・厳重持ち物チェックも。

携帯のカメラ画像は、ピンボケに。ほんとは こんな感じ。

Ermv6wsa1443579681450_r_2


で 張家界から国内線で 深夜2時上海へ2時間。空港近くのホテルとはいえ 一行の方のトランクに支障あって 着いて やっと寝たのが4時頃 2時間ほど寝て 24日お昼の便で日本へ。もぉ皆さんフラフラ、18時帰宅いたしました。
それにしても 中国は国家で 大観光地を立ち上げるだけあって まぁ脅威の絶景にも。
今年の海外は これにて終了。次は 来年1月に・・。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月26日 (水)

近江八幡・琵琶湖あたりへ

スペイン以前の 「近江八幡あたり」報告を。

爺爺男3名、74歳Oさんとあたし 同級生Gさんの車で 琵琶湖へ向かいます。

6月4日~5日。

Gさんは やたら歴史・文化詳しく 琵琶湖周辺は何度か尋ねているので もぉ現地ガイド付きであります。

まず 大津市、石垣のまち 坂本へ。天台真盛宗総本山・西教寺へ。
真盛(しんせい)上人は 現在の三重県津市一志町の出身、津市には 繋がりのあるお寺が確かに。

伊勢国宿坊も 寺前に。

その西教寺で みかけたのが。まぁお顔に品のある かなりの爺さん狸、特に餌付けしているわけではなく 時々出没されるとか、早速 カメラに(^^♪
いやぁ~ よかったよかった。

あと日吉神社から浮御堂、雄琴を過ぎ 琵琶湖大橋(なんと有料道路、150円!)渡り 泊は「休暇村・近江八幡」へ。

けっこうな料理から 施設も充実、初めてでしたが 休暇村、よろしいぃ(^^♪

そこで いろいろお世話かけたのが、清水麻紀ちゃん 19歳、もぉ3爺が ぞっこんファンとなり 個々にカメラに。ありがとうございました(^^♪

次の日は 八幡山ロープウェイ、八幡宮、そして 八幡堀巡りを。これがなかなかの風情、で よぉございました。

水郷巡りとかは またの機会にと帰路に。

このあたりは 「るろうに剣心」「海賊と呼ばれた男」「無限の住人」他 映画ロケが盛ん。
あの怪奇傑作 時空を超えた「幻の湖」は 今もDVDでたまに観ていますが、あれは1981年時、ヒロインは雄琴のトルコ嬢だったのです。

さぁ また観てみますか(^^♪

Cimg0004 Cimg0018 Cimg0019 Cimg0025 Cimg0034 Cimg0041 Cimg0053 Cimg0062 Cimg0068 Cimg0085


おまけに
「幻の湖」の名場面?集を(^^♪

Pdvd_018 Pdvd_021 Pdvd_027 Pdvd_029 Pdvd_031 Pdvd_035 Pdvd_038 Pdvd_044 Pdvd_045Pdvd_030Pdvd_048 Pdvd_067 Pdvd_077 Pdvd_068 Pdvd_088


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火)

悠久のスペイン 2

6月30日、バレンシア観光ということで ラ・ロンハ、カテドラル、中央市場へ。

お昼は バエリア、レストラン前 椅子席での 街中タバコがまた美味しい。

午後2時55分、地中海沿いを走る 列車EUROMEDにて バルセロナへ 3時間20分。

バルセロナです(^^♪

20170630_101419 20170630_102734 20170630_1035182 20170630_103556 20170630_110359 20170630_1110081 20170630_114233 20170630_115645 20170630_144530 20170630_174246 20170630_175420 20170630_182125 20170630_182837

バルセロナの現地ガイドは 日本人の松山さん、この方 学校の先生をされていて 週休2日制になった日本には住んでいられないと スペインへ渡り 31年とか、けっこうシニカルな話に 興味津々、スペイン人にまぁ手厳しい、30分遅れるよとなると 平気で1時間は当たり前、2時間お昼休み習慣にも まぁ怠け者めがと。

観光大国ながら 失業率25%、25歳未満の失業率は50%近い数字、州ごとでの出鱈目な法規制、不況に喘ぎつつ 何も方策とらない国 等々、お話を。

さて いよいよツアーの目玉 7月1日、いよいよ サグラダファミリアへ。
まぁ 世界中から えらい人人人、鐘楼へエレベーターで、まぁただ上がっただけという感じ、帰りは渦巻状の階段を。

それにしても ガウディさんの 発想たるや、感動的な造形美!絶景です。


Cimg0044 Cimg0049 20170701_094826 20170701_0959302 20170701_102552 20170701_1037004 20170701_104346 20170701_110310 20170701_1106461 20170701_1118571 20170701_111222 20170701_1126201 20170701_112620 20170701_1130013 20170701_1230124

松山さんと。バルセロナ街風景も。カサ・ミラは車窓から。

お昼は中華、そして ガウディが 閃きを持ったという モンセラートへ。聖堂の黒いマリアを。

迫力の岩山、絶句です。

バルセロナに帰り カタルーニャ広場あたりを散策、まぁお祭りのような人人人、夕食は エビ・イカ他の 魚焼き、これは美味。いちばんでした(^^♪

皆で ライトアップのサグラダファミリアをということなになり 日の入り9時半、10時半集合で いざタクシーの予定が 近くのタクシー満車状態、そこで地下鉄 大廻?で 向かうことに。途中 地下鉄ホームで 何やらフランスの若者がパフォーマンスを。わがツアーの Gさんが途中参加、もぉ大喝采となりました(^^♪

地下鉄車内光景も。犬さんも悠々と。

ところが その日はなななんと ライトアップ中止日、アラビアン風ショーがあったためとか、残念( 一一) 帰りは流しのタクシー捕まえて・・。



20170701_1230124_2 20170701_123427 20170701_1359293 20170701_1359295 20170701_145055 20170701_145914 20170701_1511221 20170701_1524401 20170701_152945 20170701_154527_2 20170701_1752061 20170701_1831303 20170701_224635 20170701_2257542 20170701_2259402 20170701_2259403 20170701_233046 20170701_231519 20170701_231600 20170701_2344454

2日、松山さんとバイバイして スペイン新幹線AVEで マドリードへ。3時間10分。スペイン広場から プラド美術館(撮影禁止、外国の美術館では珍しいこと)・ソフィア王妃芸術センターへ。

ベラスケスやらゴヤやらの絵画を ガイドさん付きで観ても 今一つムニャムニャ、で センター(ピカソの「ゲルニカ」が目玉・撮影禁止)のダリさんに 喚声を(^^♪ よく知られたダリ・ワールド以上に 初期の作品のまぁ繊細さに驚きを。
「窓辺の少女」 ダリの妹さんの後姿の 色っぽさに!

マドリードは2連泊、飛行場近くの クラウンプラザ・エアポートホテル、夫婦連れ男4人とちかさんで 屋外のレストランで食事後集合 タバコ吸いつつ 5分ごとに迫る飛行機を頭上に お酒をワイワイと。横では女集も集まって ワイワイと。


20170702_131945 20170702_0947492 20170702_150108 20170702_1502472 20170702_1536191 20170702_174544 20170702_1802421 20170702_180224 20170702_214749 20170702_215008



観光ラストディ3日は 城壁の街アビラから セゴビア・水道橋、アルカーサルへ。古代ローマ人によって造られた全長728mの橋は まぁ絵になる絵になる。

皆で記念写真を。

夕食は和食レストランにて。今一つのセットメニューに刺身を追加注文。なんとお酒メニューに三重県鈴鹿市「作(ざく)」も、一合15ユーロでした。「作」はよく知る酒なので 京都・京女を。12ユーロでした。

夕食後はホテル外で 皆でワイワイと。焼酎・お酒の箱パックも これにて消化を(^^♪

20170703_105525 20170703_111801 20170703_114638 20170703_1519372 20170703_1519374 20170703_172449 20170703_1724493 20170703_1611231 20170703_1534541 20170703_153904 20170703_1624292 Cimg0082 Cimg0084 Cimg0085 20170704_0816351 20170704_112742 20170703_200220 20170704_1357562 20170704_163021


セゴビア街中風景も。バルセロナのホテルで買ったお気に入りブレスレットも。帰りの飛行機で 再び「ローガン」を。


4日は いよいよ帰路へ。ところが出国審査に まぁ行列が、責任者出てこいと怒りたくなるような混雑ぶり、審査官は各ブースにちらほら、どうなっとるんじゃ。

1時間かかってやっとこさ。 ラウンジでゆったりもままならず、12時半にマドリード発、香港経由で 5日 午後2時35分 中部国際へ。

長いようで あっという間のスペイン旅、なんとか滑りも転びもせずに・・ほぉ~。

お知り合いが 6月初旬にスペインへ。この時は猛烈な暑さで セゴビアでは40度超えてたとか。

まずまず穏やかな暑さで、何しろ乾燥しているので 木陰へ入ると涼しさも。
日本へ帰って まぁ蒸し暑いこと! 生暑い、こちらの暑さに ヘキヘキとなりました。

ローマ、イスラム、キリストが混ざり合う 混沌のスペイン~また ひまわりの季節に訪れたいスペイン、以上 駆け足報告でした(^^)/








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

悠久のスペインへ(^^♪


6月26日~ 7月5日、クラツー・スペイン周遊旅へ。正味7泊、夫婦4組 女性お2人組、男性おひとり 計11人 中部国際より キャセイ香港経由で。

ツアーディレクターは 国府田周(こうだちか)さん、よろしくお願いします(^^♪

香港まで 4時間、香港から 深夜2時20分離陸で マドリードへ 約14時間、朝9時40分 着陸、時差7時間で いつもながら 何が何だか~。

大型バスで まずはトレドへ。そして ドンキホーテのラ・マンチャ地方、泊は グラナダで 2連泊となります。スペインは 昼食2時 夕食8時のパターン、日が暮れるのが何と午後10時前、もぉ何が何だか~


20170627_115453 20170627_1258481 20170627_153655

28日、バスで 白い村・ミハスへ。
もぉ 白い白い おとぎ話シーンが目の前に。細い狭い道を ギリギリ車が。景色はよろしいですが ここに住むとなると こりゃぁ・・と。

午後は コルドバへ。イスラム・モスクに カトリックが共存するという姿に圧倒されました。


20170628_113053 20170628_1150284 20170628_1151252 20170628_1201303 20170628_120304 20170628_1523121 20170628_154159 20170628_1545171 20170628_154517 20170628_155000 20170628_155410 20170628_160303 20170628_162512 20170628_1659361 20170628_1650071

グラナダへの帰り、あたり一面の ひまわり畑、もぉ盛り過ぎての風景に残念、 今度は ひまわり全開の時 訪れなければと!思い浮かべただけでも ふぅ~っと(^^)/ もちろん 延々オリーブ畑の姿は もぉ慣れっこに(^^♪

20170628_172212_2 20170628_1722122 20170628_1725252 20170628_1738112

夜は グラナダにて フラメンコショーを。舞台上ではなく 洞窟仕立ての中でのショー。正直 10分で退屈、わがツアーのGさん オレー!の掛け声には堪能を。
やっぱり 「阿波踊り」が世界一やねぇ。

さて 29日は、ホテルから歩いてすぐそこの 「アンハンブラー宮殿」へ。
歩く歩く、庭園までついていくのも大変と聞いていましたが なんとか。
イスラム王朝最後の名残りに 感服を。


20170628_2215031 20170628_2235034 20170628_2235038 20170629_0851572 20170629_090524 20170629_0920351 20170629_092001 20170629_1019275 20170629_103006 20170629_103403


さて バスは走ること7時間 次はバレンシアへ向かいます。

泊は バレンシア ソローラパレスへ8時着。
食事後 部屋で 日本から持ってきた箱パック焼酎をロックで。 
氷のことを スペイン語では「イエロー!」、プリーズ・イエローと頼むと ある時はポリ袋に ある時はバケツにと ちゃんと通じました(^^♪

つづく





| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧