« 悠久のスペインへ(^^♪ | トップページ | 近江八幡・琵琶湖あたりへ »

2017年7月25日 (火)

悠久のスペイン 2

6月30日、バレンシア観光ということで ラ・ロンハ、カテドラル、中央市場へ。

お昼は バエリア、レストラン前 椅子席での 街中タバコがまた美味しい。

午後2時55分、地中海沿いを走る 列車EUROMEDにて バルセロナへ 3時間20分。

バルセロナです(^^♪

20170630_101419 20170630_102734 20170630_1035182 20170630_103556 20170630_110359 20170630_1110081 20170630_114233 20170630_115645 20170630_144530 20170630_174246 20170630_175420 20170630_182125 20170630_182837

バルセロナの現地ガイドは 日本人の松山さん、この方 学校の先生をされていて 週休2日制になった日本には住んでいられないと スペインへ渡り 31年とか、けっこうシニカルな話に 興味津々、スペイン人にまぁ手厳しい、30分遅れるよとなると 平気で1時間は当たり前、2時間お昼休み習慣にも まぁ怠け者めがと。

観光大国ながら 失業率25%、25歳未満の失業率は50%近い数字、州ごとでの出鱈目な法規制、不況に喘ぎつつ 何も方策とらない国 等々、お話を。

さて いよいよツアーの目玉 7月1日、いよいよ サグラダファミリアへ。
まぁ 世界中から えらい人人人、鐘楼へエレベーターで、まぁただ上がっただけという感じ、帰りは渦巻状の階段を。

それにしても ガウディさんの 発想たるや、感動的な造形美!絶景です。


Cimg0044 Cimg0049 20170701_094826 20170701_0959302 20170701_102552 20170701_1037004 20170701_104346 20170701_110310 20170701_1106461 20170701_1118571 20170701_111222 20170701_1126201 20170701_112620 20170701_1130013 20170701_1230124

松山さんと。バルセロナ街風景も。カサ・ミラは車窓から。

お昼は中華、そして ガウディが 閃きを持ったという モンセラートへ。聖堂の黒いマリアを。

迫力の岩山、絶句です。

バルセロナに帰り カタルーニャ広場あたりを散策、まぁお祭りのような人人人、夕食は エビ・イカ他の 魚焼き、これは美味。いちばんでした(^^♪

皆で ライトアップのサグラダファミリアをということなになり 日の入り9時半、10時半集合で いざタクシーの予定が 近くのタクシー満車状態、そこで地下鉄 大廻?で 向かうことに。途中 地下鉄ホームで 何やらフランスの若者がパフォーマンスを。わがツアーの Gさんが途中参加、もぉ大喝采となりました(^^♪

地下鉄車内光景も。犬さんも悠々と。

ところが その日はなななんと ライトアップ中止日、アラビアン風ショーがあったためとか、残念( 一一) 帰りは流しのタクシー捕まえて・・。



20170701_1230124_2 20170701_123427 20170701_1359293 20170701_1359295 20170701_145055 20170701_145914 20170701_1511221 20170701_1524401 20170701_152945 20170701_154527_2 20170701_1752061 20170701_1831303 20170701_224635 20170701_2257542 20170701_2259402 20170701_2259403 20170701_233046 20170701_231519 20170701_231600 20170701_2344454

2日、松山さんとバイバイして スペイン新幹線AVEで マドリードへ。3時間10分。スペイン広場から プラド美術館(撮影禁止、外国の美術館では珍しいこと)・ソフィア王妃芸術センターへ。

ベラスケスやらゴヤやらの絵画を ガイドさん付きで観ても 今一つムニャムニャ、で センター(ピカソの「ゲルニカ」が目玉・撮影禁止)のダリさんに 喚声を(^^♪ よく知られたダリ・ワールド以上に 初期の作品のまぁ繊細さに驚きを。
「窓辺の少女」 ダリの妹さんの後姿の 色っぽさに!

マドリードは2連泊、飛行場近くの クラウンプラザ・エアポートホテル、夫婦連れ男4人とちかさんで 屋外のレストランで食事後集合 タバコ吸いつつ 5分ごとに迫る飛行機を頭上に お酒をワイワイと。横では女集も集まって ワイワイと。


20170702_131945 20170702_0947492 20170702_150108 20170702_1502472 20170702_1536191 20170702_174544 20170702_1802421 20170702_180224 20170702_214749 20170702_215008



観光ラストディ3日は 城壁の街アビラから セゴビア・水道橋、アルカーサルへ。古代ローマ人によって造られた全長728mの橋は まぁ絵になる絵になる。

皆で記念写真を。

夕食は和食レストランにて。今一つのセットメニューに刺身を追加注文。なんとお酒メニューに三重県鈴鹿市「作(ざく)」も、一合15ユーロでした。「作」はよく知る酒なので 京都・京女を。12ユーロでした。

夕食後はホテル外で 皆でワイワイと。焼酎・お酒の箱パックも これにて消化を(^^♪

20170703_105525 20170703_111801 20170703_114638 20170703_1519372 20170703_1519374 20170703_172449 20170703_1724493 20170703_1611231 20170703_1534541 20170703_153904 20170703_1624292 Cimg0082 Cimg0084 Cimg0085 20170704_0816351 20170704_112742 20170703_200220 20170704_1357562 20170704_163021


セゴビア街中風景も。バルセロナのホテルで買ったお気に入りブレスレットも。帰りの飛行機で 再び「ローガン」を。


4日は いよいよ帰路へ。ところが出国審査に まぁ行列が、責任者出てこいと怒りたくなるような混雑ぶり、審査官は各ブースにちらほら、どうなっとるんじゃ。

1時間かかってやっとこさ。 ラウンジでゆったりもままならず、12時半にマドリード発、香港経由で 5日 午後2時35分 中部国際へ。

長いようで あっという間のスペイン旅、なんとか滑りも転びもせずに・・ほぉ~。

お知り合いが 6月初旬にスペインへ。この時は猛烈な暑さで セゴビアでは40度超えてたとか。

まずまず穏やかな暑さで、何しろ乾燥しているので 木陰へ入ると涼しさも。
日本へ帰って まぁ蒸し暑いこと! 生暑い、こちらの暑さに ヘキヘキとなりました。

ローマ、イスラム、キリストが混ざり合う 混沌のスペイン~また ひまわりの季節に訪れたいスペイン、以上 駆け足報告でした(^^)/








|

« 悠久のスペインへ(^^♪ | トップページ | 近江八幡・琵琶湖あたりへ »

ちょっとお出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/408526/71238357

この記事へのトラックバック一覧です: 悠久のスペイン 2:

« 悠久のスペインへ(^^♪ | トップページ | 近江八幡・琵琶湖あたりへ »