« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月に作成された記事

2013年10月29日 (火)

第16回 日本たぬき学会信楽大会

2013年10月6日 第16回日本たぬき学会総会が 信楽で(^^♪

信楽まちなか芸術祭の真っ最中、町には 160体の様々な狸がお出迎えを。

たぬきうどんを食べ 伝統産業会館で1時半より 総会が。四国松山からは 山岡さん・村井さん、松江からは 木下さん、そして久々 京都から 中川さんとご一緒に重鎮北村さんが。お元気な姿に安心を(^^♪

またタイからは大阪大学大学院生のシューショートケオ サランヤーさんが。日本の変化文化に興味あってとか。早速ツーショットで(^^♪

そんな総会模様を。右画像は 懇親会の模様です。信楽スタッフ佐藤さんからは 総会・たぬき160体写真をCDに焼いて送っていただきました。御礼を。一部佐藤さん写真を。

Pa060016 Pa060069 Pa060076 Hdpephoto0011 Hdpephoto0071

現在点数7千点 中津川の加藤さんも。ギネスブックに登録申請しようかとのこと、是非是非。来年は 中津川狸御殿で大会が催されます(^^♪

実は 開催前 台風18号で、信楽高原鉄道は鉄橋の橋脚が流出し未だ復旧の兆し無く、また町も 川の氾濫で 床上床下浸水の家屋が250軒にという被害が。大平会長宅も甚大な被害に。

こんな時だからこそ多くの人に足を運んでもらい、まちを活気づけたいと 信楽の皆さん、心意気が伝わってきました。

創作紙芝居「三吉たぬきの八面相」を 栗東市の原田さんから。

そして160体狸巡りに。もちろん すべてをみることかなわず新宮神社あたりを。まぁびっくりの狸やら さすが形姿を変える狸文化を目の前に 感動を(^^♪

佐藤さん写真他 オンパレード狸をすこし。町の背景がまた(^^♪

Hdpephoto0001 Hdpephoto0003 Hdpephoto0024 Hdpephoto0068 Hdpephoto0164 Hdpephoto0198 Pa060023 Pa060040 Pa060044 Pa060060 Pa060037 Pa060021

丁度 お休みだったmisinーyaさんの狸たち、次回是非お邪魔しますので。

05misin 201310_1 02misin 20131010_68034

駆け足でのレポートでした(^^♪

会長さん・加藤さん・小谷さん他 信楽スタッフの皆さん ありがとうございました(^^♪

年に一度ですが お会いするのを楽しみにしていた 八王子市の秩父和恭さんが この5月亡くなられたとのことを聞き、驚きを。ご冥福をお祈りします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年10月 9日 (水)

大井川鉄道~寸又峡~島田市へ

10月の 今日は9日、いつまでたっても 暑いというのは いったい?

9月17日、なんとも執ような台風18号が通り過ぎ どうなることかと思っていたのですが なんとか家は無事に。

しかし 先日たぬき学会の大会でお邪魔した信楽では かなりの被害が。信楽高原鉄道は当分の間復旧の見込みなく また川のハンランにより 大平会長のお店は未だということ。全く知りませんでした。お見舞いを。

さて

17日、台風が1日遅ければ中止していたのですが なんとか。

名古屋から こだまで掛川へ、東海道線に乗り換え 金谷へ到着 11時9分。台風の影響もなくスイスイ時間どおりに。

職場の同期生だった A氏と駅で待ち合わせ。久々の再会、そしてA夫妻とこちら 計4人で~新金谷からSL大井川鉄道に。金谷から新金谷までは おぉぉ近鉄特急が!これは嬉しいこと。もぉボロボロでしたが(^^♪そのボロボロ感がまた。

大井川鉄道は初めて、蒸気機関車のすすボコりに感動を。大井川は 台風のため濁流でしたが。SLおじさんのハーモニカをバックに 狸の置き物いっぱいの神尾駅はあっという間に。千頭駅に到着、そこからバスに乗り換え 寸又峡へ向かいます。かなりの山奥をどんどんバスは進み 14時にやっとこさ。

P9170005 P9170016 P9170026 P9170065 P9170070

旅館に荷物置き 寸又峡探索へ。目的場所は「夢の吊り橋」、途中 天子トンネルを、10人制限・長さ90m、けっこうユラユラ怖いところも。いつもはエメラルドグリーンの流れが 濁流でした。

302段の上り坂あって やっと帰り道に。温泉街で「寸又峡の狸とふくろう」が!ところがふくろうはあっても狸は売り切れで・・とほほでした。

途中 ホテルアルプスで 狸を発見、非売品でした。また年代物のジュークボックスが。

P9170089 P9180115 P9180117 P9180103 P9180132

宿は奥大井観光ホテル・翠紅苑。お風呂も部屋もよろしゅうございましたが、夕食は ウーム、炭火を前に 焼いてくださいと 野菜・しいたけ他他、海のものなしで 次は牛肉をとまた炭火で、もぉ沢山なのに 次は豚のしゃぶしゃぶをと。

料理らしい料理もなく、一同 豚さんは全部手付かず終い、年寄り4人には酷な・・。

翌日朝は 金嬉老事件の舞台となったところとか 散策を。ホテル前に 何やらカメラ御一行と美女が!早速 記念ショットをふたり並んで。これは非公開に。聞けば 中国テレビ局の旅番組のロケとか。彼女はレポーター役で。意味不明の「奥大井サスペンスブリッジ恋愛事件」なるノボリ旗を横に 撮影風景を。

帰りはバスのあと、近鉄特急で千頭から金谷まで。昭和40年代の懐かし特急で。途中 神尾駅の狸も。

午後は 島田市へ。在住のAご夫婦に 車でアチコチと。島田市というのも初めての地、まずは「お茶の郷」へ。いってみればお茶の博物館、そのスケールの大きさにびっくり、お茶室で茶道体験も。

次は 一度訪ねたかった「蓬莱橋」へ。全長約1キロの木造歩道橋、映画のロケにもよく出てくるところで、寅さんも座頭市も きっと訪ねたであろうという橋。往復2キロは けっこうな疲れを。

Aご夫婦は まぁ歩き慣れているというか 元気元気、今年3月以降は 夫婦で山歩きをしょっちゅうとか、山登りメモによれば 「稲葉神社・登りは2時間 下りは1時間」「青笹山 1550m 急勾配で大変な山」「山伏・2014m」「真富士山・1343m」他他、へぇぇ~と。

そして 島田宿大井川川越遺跡にも。いろいろ盛りたくさんのスポットを案内いただき大感謝大感激でした。ありがとうございました。

P9180162 P9180179 P9180189 P9180204

こちら津へ来ていただいても 観ていただくとこないものなぁと~来年オープンの県立博物館、この間オープンした岡三証券プラネタリウムは顧客限定の施設らしいし、あとは榊原温泉からルーブル美術館・大観音像、う~む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »