« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年5月に作成された記事

2013年5月26日 (日)

ひさびさ テレビ取材

4月24日 ひさびさテレビ取材が。中京テレビ 水深夜「ノリでいこう」なる パチンコ・バラエティ?番組、うーん 知らない番組、前日に ディレクターさんとカメラ前撮りさんと電話いただいた藤沢さんが 打ち合わせに、「たぬ吉くん2」をメインにしましょうと、えーっと着ぐるみで待ってましょうかと いろいろ、明日は ムッシュ・コウノヤさん休みとかで ポンポコよっつ その日に注文を。

当日は 雨、午後4時 傘さして着ぐるみ待ち、一行は次長課長(河本・井上)、椿鬼奴、田中涼子の4名、あまり皆さん 知らないなぁ、あとスタッフやらワケわからん若い人やら 10人ほどがゾロゾロ我が家へ、ポンポコ 皆さん えらい評判に、たぬ吉くんストラップいただき まぁ嬉しい、で パチンコへ今から行くのに なにか大当り祈願できるようなものがないかと 「大当り神社」が登場してと あれやこれやで 終わりました。ぶっつけ本番風、後撮りもなく いつものように嵐のごとく 次の取材場所「涼風荘」へ去っていかれました。

取材上 もぉパチンコのほうは 済んでるのですが、こちらも調子合わせて~カミさんのパッチワークものもカメラに(放映ではカットされてました)

涼子さんは 「わたし、たぬき顔なんですよぉ」とか けっこう可愛い方、鬼奴さんは おとなしいだけ、河本さんは 眼が笑ってなかったですねぇ、井上さんは なかなか気遣いある 好青年という印象を。

で、放映は 5月22日深夜。録画して 朝拝見、まずまずですかなぁ。今回は この件 お知り合いには内緒にしておいたので 反響は全くなしでした。

その日の 記念ショットほかです。テレビ取材、たまには刺激的で(>_<) 

P42400051 13052201 13052204 P5260084 13052202

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長浜へ

5月13・14日

琵琶湖・長浜へ(初参上 他の皆さんは何回目か)、お知り合いのS夫妻と 4人、あたしの車キューブで(^^♪

伊勢道から 東名阪、四日市インターから 365線を関ヶ原・伊吹経由で~途中 伊吹の里・旬彩の森で たばこ休憩、藤がところどころ 真盛り、たぬき小物 まずはGET、そして お目当て長浜市高月「渡岸寺・国宝十一面観音」へ。

ここは、映画「幻の湖」(82)を観て 一度是非と憧れていた観音像。様々の表情の十一面に 腰を軽くひねった姿が まぁ官能的!

映画のスチール写真・画像を(^^♪この映画、雄琴のトルコ嬢が愛犬を殺され 復讐のため東京で仇を追い 最後は琵琶湖大橋で 出刃包丁でブスリ、浅井家侍女の生まれ変わり映像もあって 宇宙的視野にたった カルト怪作です。

さて、湖畔の道の駅で 軽いお昼とって お泊りの「浜湖月」へ車置き お目当て2・黒壁スクエアへ 旅館の車で送っていただくことに。

Img22756 Shi12kogan6 Pdvd_058 Pdvd_018 Pdvd_031

あちらこちらのお店を~さすが滋賀ですねぇ、箱根あたりのガラス館には 皆無だった たぬきものがちゃんと!オルゴール館にも!まぁ嬉しいと どんどこ。

近々HPに(ここ半年くらい更新がされていないのですが)UPを。

ご婦人方は ふたりでアチコチ、旦那方は バラバラでアチコチ、お目当て海洋堂フィギュアミュージアムへ一人で(^^♪

ちゃんとタヌキさんも(^^♪色っぽい面々も(^^♪

P5130032 P5130043 P5130048 P5130051 P5150122

長浜最高!浜湖月さんは 全室11ほどの旅館で 畳敷きの廊下も嬉しく 露天から食事から持て成し方から 上質、よぉございました(^^♪

次の日は、ゆっくりゆったりして 神の住む「竹生島」へ。琵琶湖を舞台にした万城目学さんの「偉大なる、しゅららぼん」を読まなければと。ちょっとした異次元世界を味わい、次は 彦根へ。火曜日のため キャスルロードは休店のところ多く ちょっと寂しい感じでしたが、それにしても 暑い暑いでヘトヘトに、ひとりブラブラ 思わず喫茶店へ駆け込みました。

P5140103 P5140104 P5140110 P5150130

帰りは 彦根から名神で 八日市へ、下道で 新名神土山というルートを。

お馴染み土山SAで、「たぬきげんき」の旗が。青空ギャラリー・濱路定次さんを、濱路たぬきを!

帰宅は早々 午後6時前、なんとか無事に(^^♪

夫婦4人晴れツアー、お疲れ様でした。こんなにたぬきをいっぱいというのは久々でしたわい(^^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »