« 2011年11月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年1月に作成された記事

2012年1月27日 (金)

はじめてのチェジュドへ

1月15日より 3泊で ひさびさ近ツー・ホリディ「はじめての済州島」へ。

16時15分 大韓航空で 中部国際から、約2時間でチェジュドへ到着。この間のエア・チャイナと比べると CAさんはニコニコ愛想よく、まぁ これが普通ですかねぇ。

ホテルは 済州グランドホテル、まぁ日本人さんの多いこと多いこと。ツアーメンバーは、同年輩らしきご夫婦と 同窓会らしき中年男3人組さんの 計7名、現地案内人は イ・チュンセンさん。

近くの食堂「島屋」さんで 海鮮鍋とチヂミを。食堂半分を占める団体さん、あれあれ 日本の方20人さんほど、まぁ飲む唄うのにぎやかなこと、おひとりに聞くと 福岡の消防団御一行さまとか、福岡からは飛行機で40分、毎年恒例で この食堂をとか、へぇぇ~(^^♪

16日は、まずは 世界遺産「マンジャングル・萬丈窟」へ。10~30万年前に噴火によって形成された溶岩洞窟、これは見事なもの、ただただびっくり。往復2キロの行程は ややきつうございましたが。

Cimg5018 Cimg5037 Cimg5038 Cimg5064 Cimg5067

次は 「オールインハウス」へ。これは観てましたもんねぇ、イ・ビョンホン主演、ほぉほぉと。

そして、いよいよ182m・城山日出峰に。階段がなにしろ1000段と聞いていたので、まぁこれはどうなることかと~すたすた休むことなく昇るツレ、休み休み 息切らして昇るあたし~何度か引き返そうかと思いつつ やっとのことで頂上へ~あのコンピラさんの階段以来のヘトヘト感でした。

そして食事は、海鮮トッペギを。近くの海岸で海女さんたちが。

ここチェジュドは、岩垣風景から 風土から あの沖縄離島っぽい感じで、泥棒・門・物乞いがいないという「三無の島」、石のいじさん・トルハルバンが 常にあちこちで。

次は「済州民俗村博物館」へ、案内のおばちゃまやら チャングムの世界に。黒豚さんも(^^♪ガイドのチュンセンと。

Cimg5071 Cimg5074 Cimg5096 Cimg5100 Cimg5206

というわけで、夜は「黒豚サムギョブル」を。カイリカリになった豚さんは なかなかの美味(^^♪

さてホテルに帰って、2階サウナで一風呂、やはり大浴場は ゆっくりできます、ただし1万ウォン 別料金が。

そしてカジノへ。ソウルで一度やったことはありましたが、さてさて~お遊びですのでまずは5万ウォンで ルーレットを。コイン1枚2500ウォンですから 20枚でスタート~これがあっという間に 残り4枚に~ところが 34に置いたコインが見事大当り狸御殿!コインが36枚、ほぉほぉ これは我ながらびっくり、思わず拍手を(^^♪

そのルーレット台は お客はあたしら2人だけでしたが。その後は 増えたり減ったり減ったりで まぁ1時間は楽しめました。結果 3万ウォンのプラスに。まずは上々、あとスロットマシンもちょこっと。

さて3日目は~サンバンサン・山房山の山寺へ。ここも階段430と ヘトヘトに。仏様はよいお顔をされていました(^^♪

そして「ジョアンスタジオ」へ。テディベアの世界ですから、まぁそれなりに。ヨン様テディベアを。

続いては「天帝淵瀑布」「チェジュドの東尋坊・柱状節理帯」へ。

えーっと お昼は キジのしゃぶしゃぶでしたっけ?なんせ韓国では、必ず キムチほかのお皿付、おかわりし放題なのですが キムチ得意でないあたしにとっては 目障りだけ(^_^.)

さて シュリの丘から散策してロッテホテルへ。途中 済州新羅ホテルのプールで なにやらこの寒いなか カップルで、あれは温水プールなんでしょうねぇ、まぁ そのカップルを。

ロッテホテルは 海岸リゾート地帯にあって、ロケーション抜群、次回はこのホテルに是非と。免税店は あまり用事なく 前のカフェで  1万ウォンのコーヒーを。

そして 夜は「NANTA」へ。これがまた ノリノリのパフォーマンスショーで、可愛い女性がひとり交じりの舞台、フライパン・包丁・鍋を楽器に 要は太鼓ショーなのですが、客席もノリノリ、満足満足、エプロンやらTシャツやらを記念に(^^♪

食事は近くに「郷味食堂」へ。焼きアマダイが 最高!

近くに「吉原ソープ」という看板のお店が~あれはいわゆるソープランドなのでしょうか。ここチェジュドは、かなり色っぽい場所もあるようですが、はてはて。そういえば、「国際秘宝館」っぽい場所がありましたありました。そうそう、旧日本軍地下要塞・カマオルムという施設もあるようで。次回に是非。

最後の日は、男3人組は前日に帰られ 夫婦二組で、「東門市場」へ。観てるだけで楽しい珍しいものばかり、あのオチンチンみたいなのは なんなんでしょうねぇ。

Cimg5127 Cimg5135 Cimg5173 Cimg5155Cimg5185  2_nanta5 Cimg5219 Cimg5225 Cimg5234 Cimg5251

Cimg5255

下り坂なのに昇り坂、というトッケビ道路も 観光スポット。

そして 神話的な「三姓穴」へも。

帰りは1時間半で、中部空港着は予定通り15時15分でした。

というわけで、また是非来たいチェジュド4日間でした(^^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

金沢~山中温泉へ。

昨年の「お出かけ」シリーズ、やっとこさUP(^_^.)

12月18日~20日、トラピックスさんで「絶品のかにづくし会席と古都金沢グルメの旅」を。

看板の「金沢市内 老舗割烹料理店での寿司会席」「山中温泉・かにづくし会席」については、ひとり31980円のツアーですから あまり期待もしていなかったので 予想どおり、まぁまぁ こんなもんかねぇという感じ~で。

18日は、名古屋発9時48分 しらさぎ5号で 金沢へ。こちらは晴れも、北陸は 雨曇り模様、途中の車中では おぉぉ雪景色が。

約3時間、この特急 全席禁煙とは~せめて「喫煙コーナー」ぐらいあってもよさそうなものなのに~まるで飛行機気分~米原で 列車逆方向になるため座席反転をするのですが、その停車時間5分の間に ホームに降りて 携帯灰皿で寒い中 大急ぎの喫煙というのが情けない(^_^.)

さて、このツアーは 始めにクーポン切符をもらい あとは自由行動というのが妙で、さて雨の金沢(^^♪

駅前のANAホテルにチェックインの後、周遊バス切符500円を購入し、レトロバスで 「主計町茶屋街」「ひがし茶屋街」の散策を。

主計街の名物画家クリフトン・カーフさんの遺作が展示された「かーふコレクション」ギャラリーを。丁寧な説明を受けましたよぉ。ほほぉぉ、何気なく尋ねた穴場でした(^^♪

Cimg4784 Cimg4787 Cimg4799 Cimg4807

「ひがし茶屋街」をうろうろ、お茶屋造りの「志摩」へも。日曜日にしては あまり観光客も少ないような~後で聞くと 今日は近江町市場が休みとかで 人が少ないとか~

またバスに乗って、「金沢21世紀美術館」へ。こちらは けっこうな人出が~ホテルに帰って 食事をという制約があり 時間があまり無く 例のプールスポットを(^^♪

も一度 ゆっくり訪れたいところです。

さて、翌日は 「長町武家屋敷」を散策して 「近江町市場」へ。

ダイヤモンドさんで、かにの宅配便手続きを~森八さんで お茶と和菓子を~回転寿司・大倉さんで お昼を(昨日の某所寿司会席より ずぅーっと美味しかったようにも)。

Cimg4817 Cimg4830 Cimg4835 Cimg4837

見るだけでも楽しい 近江町市場でした(^^♪しかし、金沢という街、3回目くらいですが 品のある街ですねぇ。駅前のイオンは まぁ上品なイオン、駅前には必ずあるであろうスーパーがない、皆さん 近江町市場へとか~キンキラのパチンコ店も 見当たらないのですから(^^♪

さて 金沢から、在来線で「加賀温泉」へ。送迎バスで、山中温泉へと。

早めのホテル着で、ゆげ街道をぶらぶら、芭蕉の館、山中座へ。翌朝は「あやとり橋」から「こおろぎ橋」へと散策を。雪もなく、まずまずの道歩きでした(^^♪

河鹿荘というホテルでしたが、けっこう広い露天風呂に ひとりゆったり(^^♪やはり ニッポンで温泉にゆったりというのが 至福ですねぇ(^^♪

Cimg4863 Cimg4873

加賀温泉駅前で ショッピング、やっとひとつ「ちりめんたぬき」をみつけ、娘娘饅頭ほかを土産に 帰りのしらさぎ号となりました(^^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おめでとうございます(^^♪

あけまして おめでとうございます(^^♪

無事 2012年を迎えられ ほぉぉ(^^♪

正月だけは帰ってくる東京在住の次男と、長男夫妻と、「孫」と。孫からすると ひいおじいちゃんと ひいおばあちゃんが元旦は集合を。

主役は、「孫」ちゃまでしたが(^^♪

P1110187  

さて 60代もいよいよ中段にさしかかり さてさて、今年は あちこち どれだけ行きまくりできますか?

最近 読んだ本では、高峰秀子さん「わたしの渡世日記」に 圧倒されっぱなし~凛々しさ、迫力に~また文章の真っ当さに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年3月 »