« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年11月に作成された記事

2011年11月30日 (水)

飛鳥Ⅱで 湯布院へ~

○11月14日(月) JTB企画・飛鳥Ⅱ 九州クルーズへ。

生まれてはじめて・死ぬまでに一度はシリーズで、豪華客船での1泊体験を。

名古屋港の出港は 午後3時、受付を済ませて 2時には乗船~はぁこれが 飛鳥Ⅱか~まるでホテル 50142GT・乗客数872・乗組員470・全長241m~お部屋は中クラス・Eバルコニーで。

アルコール以外はすべて 無料、映画館はある、ゲームセンターはある、あちこちウロウロして すこしセレブ気分になれるという空間、それにしても スタッフはほとんどが フィリピン系・アメリカ系のおとこおんなばっかし、あちこちのラウンジに座れば 「なにか飲まれますか~」とカタコト日本語で、これがマニュアルとおりの応対で むむむむ。

テープ乱舞する出港風景は ちょっとしたもの、シャンパンやらワインは そこでは飲み放題、そうこうするうちに 夜のディナーとなり 相席の ご夫婦と懇談のひとときを、ご夫婦は今は名古屋在住 前に津市にも数年住んでみえたとかで ほぉほぉと話が弾みました~

Cimg4400 Cimg4413 Cimg4449 Img09321 Img09311

その西村さんご夫婦と 船長さんと 記念撮影を。

デナー後は 外人さんのどうということのないショーを、やや退屈~あとは あちこちでダンスタイムやら ピアノ演奏鑑賞やら、映画は ブラビ&アンジーの 「ミスター・アンド・ミセス・スミス」をちらっと再鑑賞、あらためてアンジーさんのかっこよさにため息を(^^♪

てっぺんにある大浴場へ、そして11時過ぎには 夜食が用意されているというので きつねうどんを食べに~

ちゃんと「アスカダイアリー」という日刊新聞で 催し・食事案内がされています。

しかし 寝るとなると やはり振動があるんですねぇ~まぁ寝つけず たまに震度4ほどの揺れも~こんなんで 世界一周100日間ってのはねぇ。

睡眠不足で翌日は 朝はバイキング、お昼は 西村さんご夫婦と和定食を。途中、ビンゴ大会に参加すると なんと3番目に「ビンゴ!」、あれ欲しいなぁと思ってた アスカ・キャップをゲットしました。

司会の女子と記念撮影も(^^♪

午後4時別府港へ。西村さんご夫婦は、下船後は別コースに。コースが5つに別れていて これが大騒ぎの バス探し、そして由布院へ向かいます。

Cimg4474 Cimg4477 Cimg4498 Cimg4501Cimg4503  Cimg4518 Cimg4532

お宿は ゆふいん泰葉さん、若いスタッフが丁寧なおもてなしを~飛鳥Ⅱの外人さんのマニュアル応対に比べ まぁ心配りが違います~夕食も 心こもった愛のお料理ばかり(^^♪

翌朝、食事前に 歩いて20分ほど 金鱗湖へ。6年ほど前に 由布院散策をしたことがって 確かこの湖も尋ねたのですが さっぱり記憶なし、まぁ朝霧煙る金鱗湖は なかなかの絵姿でした(^^♪

そして ゴハン最高の朝食の後、暖炉のあるロビーで コーヒーを。時間たっぷりなので、部屋に付いてる 露天風呂で3回目の入浴を(^^♪

そして、お宿を後に~今度は 阿蘇連峰を車窓に やまなみハイウェイを通り、高千穂峡へ。帰りは熊本から 5時24分発さくら574号で。初の九州新幹線でありました。

Cimg4545 Cimg4596 Cimg4594_2 Cimg4632 Cimg4634 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年11月19日 (土)

京都競馬場~有馬温泉

11月6日~7日

愛車キューブで 夫婦2組 朝8時 まずは目的地「京都競馬場」へ。

ナビ指示のまま 10時には 駐車場へ。そこからシャトルバスで 競馬場へと。雨交じりの お天気。

馬券の買い方が まずわからない一行、お助けセンターのナビ嬢から 親切な説明を受け、なるほどなるほど~今は すべてマークシート式になっているんですねぇ、昔の ずらり並んだ窓口でおばちゃんからというイメージはなく、マークカードに競馬場・レース番号・式別(これが ややこしい 馬連・馬単・枠連・3連単・3連複・・)・金額まで マークして、自動発券機へ カードとお金を入れると、まぁ 馬券とおつりが あっという間に!

いやぁ 驚きました(^^♪慣れてくると まぁ便利便利。マークに消しモレがあると 画面で 指示が、なにかトラブル発生すると 機械の奥から おばちゃんが顔出してという まぁ親切(^^♪

で、2レースから7レースまでを。

やっと7レースで 本命2-3当たり、馬連で430円配当、結局トータルではそこそこマイナスに(^_^.)

サラブレット未勝利馬レースとか 障害レースとか 初出場馬レースとか、いろいろあるんですねぇ(^_^.)

Cimg4316 Cimg4320 Cimg4340 Cimg4365 Main_kaedero Main02

そして、イチロ ナビ指示で「有馬温泉」へ。ロープウェイ前の 専用駐車場へまず向かうのですが、まぁ温泉街の細い坂道を また人人人の多さにびっくり、なんとか辿り着き そこからマイクロで お宿に送ってもらいました。

お宿は 御所坊グループ 部屋は9室だけという 有馬一小さな宿「花小宿」へ。スイートで 4人泊。

温泉街をぶらぶら、午後4時頃でも 人でいっぱい、さすが有馬です。「有馬玩具博物館」で みかけた狸らしい ぬいぐるみをカメラに。

みかけドロドロの 金泉釜風呂に浸り、お食事は レストラン「旬重」にて、美味燦燦のひとときを(^^♪

さて翌日朝、ねね橋あたり 街をブラブラ、ホテル有馬御苑でコーヒーして、宿へ戻って 美味しいごはん付の朝食をいただき、駐車場へ。さぁロープウェイにという予定だったのですが、ありゃぁ~「強風のため 運休中」とは(^_^.)

そんな強風とも感じられなかったのですが~むむむ。

近くの鼓ケ滝を観て、また車で温泉街へ戻り~駐車場をみつけて~さてどうしたものかと~そこで秀吉ゆかりの「瑞宝寺公園」へ。

これが 登り坂で ふぅふぅふぅ~、紅葉は 盛り過ぎていて すこし残念でした。今年は 色づきがよくないとか。

Cimg4374 Cimg4383 Cimg4384 Cimg4395

暗くなる前に 帰路へ。桂川・大津・土山とSAには必ずお立ち寄りを。土山SAは たぬきに優しいところ、きつねとたぬきの案内板をパチリ。

「花小宿」さん、よかったですよぉ(^^♪

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2011年11月 2日 (水)

やっとこさ 上海へ(^^♪

3度目の正直で、やっとこさ上海へ(^^♪

ツレとツレのお友おばさまと。

昨年の3月に IACEさんでツアー申込も 父の容態悪化で前日キャンセル、父没後 11月に 弔いツアーで 近ツーさんで申し込むも 例の日中問題悪化でキャンセル、やっとこさ HISさんのツアーで 10月15日から。

父が 生前 東亜同文書院の学生だったこともあり 思い出の上海へ1987年時 旅行し、当時 その話をよく聞いていたこともあって~

15日、セントレアで タヒチアンショーを時間待ちに(^^♪

Cimg3811

午後3時40分、いつもながら?愛想のない エア・チャイナ機で上海へ 3時間ほど、そして 上海空港は広い広い、出迎え札やら旗やら 出口はグジャグジャ、やっとこさ HISの旗を見つけて リニアモーターカーで市内へ、そしてレストランで夕食を、まぁ隣の会場では 結婚式の最中とやらで 一族郎党大騒ぎ、新郎新婦は ちゃんとお目かしも 御親戚方は普段着で、これが一般的だとか、トイレは 誰かがお吐きになった汚物やら吸い殻やら、さすが中国、今夜は 蘇州泊ということで 2時間かけてマイクロバスで、今回は われら3人に 春日井・飛騨古川のご夫婦2組の 計7人で、地元ガイドさんは 蒋さんという、若い男の子さんで すこしガックリ(^_^.)

蘇州のお宿は 2連泊で、南林飯店という 50年の歴史があるという 庭園付ホテル、まぁそれなりに古びていて それなりにまぁまぁという~。

Cimg3843 Cimg3849Cimg3820  Cimg3853 Cimg3865 Cimg3894

さて 次の日は、まず「獅子林」へ。穴ぼこだらけの太湖石が見もの。ガイドさんによれば、中国の人は この太湖石が大好きなんだそうで~まぁ 人人人にびっくり。

次は 歴史ある「寒山寺」へ。そして お目当て「蘇州古運河」へ。

まぁ絵になること絵になること(^^♪

そのほど近く「山塘街」のお店で、たぬきにしかみえないぬいぐるみを発見!

日本円で3千円ほど、お店の彼女と記念撮影を(^^♪

これは よくできていて、目ん玉が 左右動くんです!

Cimg3907 Cimg3908 Cimg3926 Cimg3930

午後は 無錫へ。

三国志のテーマパーク「三国城」へ。赤壁の戦いレッドクリフ風景が~。途中、美女との有料記念撮影も。そこから「太湖」遊覧を。

Cimg3937 Cimg3945  3967 Cimg4029

夜は蘇州古運河夜景観光を。

そして次の日、やっと上海へ向かうことに。2時間かけて車が走り、まずは「上海環球金融中心展望台」へ。492米、100階へ。ガラス張りの廊下に、見下ろす高層ビル街に圧倒されます。

ヒャー(^_^.)

Cimg4054 Cimg4063 Cimg4068 Cimg4072_2 Cimg4093

そして「外灘 わいたん」「豫園」「新天地」と。どこもかしこも人人人、外人さんも多ございました。

新天地では、男ガイドさんの同職場ガイドさんと 無理矢理パチリ。「モデル料 高いですよぉ~」と。

Cimg4129 3968 Cimg4156 Cimg4104 Cimg4161

夜は 上海蟹を。その後、雑技団を白玉蘭劇場で。いつもながら 本場の雑技団は素晴らしい。びっくりは、オートバイでの球体疾走!ななななんと5つのバイクが!まぁ3つくらいが走るのかと思っていたら~これはすごうございました(^^♪すこし感動。

Cimg4162 Cimg4105 Cimg4195 Cimg4214 Dsc00709s

上海のホテルは 「ガンドンホテル」、今回は 4人での参加だったのが ひとりおばさまがキャンセルになり、その結果 部屋は 広いツインルームをひとりで独占させていただくことに、これが最高でありました(^^♪ツレとツレの友おばさまは一緒に。

ホテルでみかけた 可愛い坊やとお母さん お姉さんたちもカメラに。

帰りの上海空港にて。1時間遅れでも 何のアナウンスもない さすがエア・チィナでした。

Cimg4244 Cimg4243 Cimg4231 Cimg4257

まぁ2度目の中国、あらためて 車とスクーターと電動自転車(数年前の北京に比べ 人力自転車より電動自転車が主に)と人との あうんの呼吸といいますか、皆々前へ前へ 譲ることなく走りつつ あれで事故が起きないという不思議、スクーターも自転車も夜はほとんど無灯というのがスゴイといいますか・・、さすがマナーの悪さ世界一、クラクションは鳴り続く、車の洪水のど真ん中で携帯電話する人、歩行者青信号でも隙あらば車は走りこんできますから こわいこわい、あちこちでは まぁ大声で女性も男性も 口げんかが始まって~なにしろ 後へは引かぬ強引さ、上海高層ビル群の迫力には 唖然茫然、毎度毎度シゲキ的な中国でした(^_^.)

つくづく思います。中国とはケンカしたらあきまへん。ゆるゆるとおつきあいしないと・・。

というわけで 18日 午後4時には名古屋へ。

お疲れ様でした(^^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »