« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月に作成された記事

2010年7月23日 (金)

熱い暑い あちちち~ACHI

wobblybleahhappy02weep暑い暑い 熱い熱い あちちち~ACHIACHI~

sunsunsun

息苦しいほどに~

wobblysadhappy02今年は どうなってるんでしょぉ(~o~)m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

北海道・3

さて最終日は富良野方面へ~まずは、コースにはなかった「鉄道員ぽっぽや)」ロケ駅へ。

前日、ガイドの国分さんと映画・テレビの話で盛り上がり それではとオマケコースを設定していただきました。「風のガーデン」をと希望したのですが、プリンスホテル内とかで大型バスでは無理がということ、では「ぽっぽや」へと~

もう3日目ともなると、緊張感もどこへやら~もうゆったり気分でのおまかせツアーに。それでも、きちんとガイドいただいた国分さんに 感謝を(^^ゞ

舞台となった「幾寅駅」、映画では最終駅「幌舞駅」でしたが、ちゃんと駅には「幌舞駅」の看板が~ちゃんと「だるま食堂」も健在でした。映画では雪雪雪でしたが。

北海道を舞台にした映画となると、健さんは 似合うんですねぇ、九州男児なのに~ツアー途中「網走番外地」ロケ地になった某駅も~。

そうそう、知床を舞台にした森繁久弥主演作「地の涯てに生きるもの」(60)について 国分さんから詳しい話を聞き、一度観たいものだと~残念ながらDVDにはなっていないし(^_^;)

そして、「富田ファーム」。ここは 無料なんですねぇ、えらい人人人、ラベンダー模様はすこし早いかなという感じ、そこから歩いて5分、「ラベンダー畑駅」から ノロッコ号に乗り、あっという間に 上富良野駅へ~

そして、最後のツアー地は 「青い池」(白金)。最近話題のニュースポットとかで、おぉぉぉ~正に青い池、これまた うっとりでありました(^^♪

このメンバーで、あと23日 北海道ツアーを続けたくなるような しっとりうっとりのツアーでありました(^^♪

だるま食堂・駅風景、ラベンダー風景、畑駅、青い池、工事現場のカエルさん、バスからの北海道ラストの空です。

Cimg0563 Cimg0567 Cimg0594 Cimg0600 Cimg0622 Cimg0631 Cimg0633 Cimg0641

帰りは新千歳から満席のANAで、最終10時の高速船で帰宅、北海道もけっこう暑かったんですが さわやかな暑さ、まぁ本土は蒸し暑い~まぁ寝苦しい~(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道・つづき

さて2日目(^^♪

中司さん同行で 知床ウォッチングの続きを~知床峠へ再び~プニュ岬から知床五湖 一湖二湖を~いやぁ絶景絶景~こころ洗われました。

知床峠では カメラのバードウォッチング列が、なんでもギンザンマシコという幻の鳥を追ってみえるとか~。

その知床峠、そのギンザンマシコ、ツアーキャスト・スッタフ全員で、そのバス、神秘な湖を 画像で(^^♪

Cimg0499 2557444 5253_2 Cimg0509 Cimg0482

中司さんとは 残念お別れし、あと阿寒湖~オンネトー~そしてナイタイ高原牧場へ~やや空が湿ってきて、いかにも北海道らしい光景に うっとり~そして お泊りは然別湖畔温泉・ホテル風水~ここでは奮発部屋食を、残念ながら外れでありました(~o~)

阿寒湖の 土産物店に張ってあったポスター、おぉぉスー・チーさんのこんな映画があったとは「狙った恋の落とし方。」って~

そしてナイタイ高原牧場で、トラクターとバスと店じまいした土産物店を。

Cimg0519 Cimg0539

またまた つづく~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初夏の北海道へ~

6月28日~30日、滑って転んだ雪まつり以来 1年半ぶりの北海道へ。知床方面は 生まれて始めて・死ぬまでに一度コース(^^ゞ

毎度毎度の 近ツー・メイトさんツアー 題して「ドラマチック大自然紀行」。

1日目は、午後セントレア発ANAで 女満別空港へ~で、お出迎えは ありゃどっかでみた佐藤さん~そういえば、昨年の雪まつりツアーの添乗員さんではありませんか~そそそして、

なんとツアー一行は われら2人だけ!

網走バス それも3列ゆったりの新型バスに、佐藤さんにガイドの国分さん 運転手は山田さん~

北京でふたり+現地添乗員さん+運転手さんとセダンでということはありましたが、まさか国内ツアーでとは~聞けば、当初10何人の団体さんが参加していたのが 急遽キャンセルとなったとか。まぁなんともうしましょうか~

やや緊張気味の1日目でありました。

知床第一ホテルで、バイキング夕食 ステーキはマズマズ、カニはカスカス、ショートケーキもメニューにあって それをパクパクいただきました(^_^;)

食事後 夜の知床ウォッチングというわけで、現地のネイチャーガイドさん( 中司ナカツカ千里さんheart04)が同行案内、野生動物観察に。

知床峠まで、望遠鏡とライトを貸り バス車中からの動物捜しを。

やっとエゾシカ親子を、カメラのフラッシュにこっちを向いていただきました。

実は エゾタヌキを見たかったのですが、中司さんの話では 年に一度か二度見る位で めったに姿を現さないとか~エゾタヌキの話で盛り上がりました(^^♪比較的雪の少ない道東で、冬ごもりをするエゾタヌキです。

そのエゾシカ・ショットと まだ幻のエゾタヌキと 中司さんと(翌日のショット)画像を。

Cimg0443 2007062200 5252   

最近は、エゾシカが増えすぎて けっこう害獣になりつつあるとか~土産物にも鹿肉ものがいっぱい~奈良では考えられないようなこと~オスの寿命は7年 メスの寿命は20年とか、一夫多妻で苦労して またツノがオスさんにとっては けっこうストレスらしいです。

つづく~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金)

池田前会長が・・。

○「日本たぬき学会」の1997年創立時から 会長として城主として また国際タヌキ学者として、たぬきを愛し続けてみえた 池田啓教授が、今年4月15日 東京杉並区の病院で亡くなられたということを、 「狸タイムズ・たぬき学会通信」で知り、驚きました。60歳、まだお若い。

2007年 信楽での「合同総会」で、お逢いしたのが 最後に~。「たぬきにはカタチがない、時代時代をアメーバのように 形を変え生きてきた。」というお話が 今も心に。

哀悼・・。

○絵本4に 奈良でみつけた絵本「あつい!」をUPしました。

○たぬきSPOTに 湯河原温泉頁を新たに。

○今年の大会は、四国・松山で 11月14日に。

すこし遠いですが、行きたい行きたい gawk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »