« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月に作成された記事

2010年6月19日 (土)

生まれて始めて~宝塚へ。

6月17日 生まれて始めてシリーズ死ぬまでに一度はシリーズで(^^♪

宝塚大劇場へ。バスツアー日帰りで。

公演は 午後3時からということで、団体さんやらがウロウロするところを ガーデンフィールズやらあちこち散策しても 時間はたっぷり~手塚治虫記念館がこんなところにぃ~

さて始まり始まり~宙組公演「グラン・ステージ トラファルガー」が1時間半~途中休憩で 「グランドショー・ファンキーサンシャイン」が1時間という構成~客席は老若女娘、男の人は50人にひとり位の割合ですか~この劇場、ちゃんと屋外ではなく場内に喫煙所があるというのがよろしい~とまぁ 生まれて始めての TAKARADUKA、いやはや感動いたしてしまいましたぁ(^^♪

Poster

パンフも 公演記念クッキーも、おもわず買ってしまいました(^^ゞ

舞台装置から衣裳から 豪華絢爛~また皆さん 唄も踊りもさすが~トップスターらしき男役大空祐飛さん、ヒロイン野々すみ花さんに ほぉぉぉ~歌曲も「VICTORY」「ぬくもり」と聴かせます~舞台の皆さま お幾つなのか、プログラムには 年齢のことはご法度なのか触れられていません~

いやいや ちゃんとラインダンスも、ラストには巨大羽根を背に キンキラの大階段を 祐飛様が颯爽と~ひょょぇええ~(^^♪

舞台の上は、女の方しかいないというのが 嬉しい限り~こんな素敵なスペクタクル宇宙とは!~こんな気丈夫な世界があったのかと(^^♪

年に一度は TAKARADUKAへと決意いたしました(^^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いざ 鎌倉へ~湯河原経由

○6月9~10日、おば様方3人と共に 三交パルックのバスツアーに(^^♪

まずは、丸子宿・とろろ汁をいただき 箱根関所跡経由で、あこがれの湯河原温泉へ。湯河原というと たぬきが発見した温泉として 一部で有名なところ、詳しくはまたHPでということで、ホテル東横さんに一泊。

湯河原というと神奈川県なのですが、このホテルは 山沿い川向こうにあるため なんと静岡県熱海市、へぇぇ~ 丁度 万葉公園あたりで「ほたるの宴」が開かれているとかで、ホテルの車で 食事の後~久々に ほたるさんたちの光の競演を~途中、たぬきを祀った「狸福(りふく)神社」さんにも寄り 満足満足(^^♪

Cimg0355 Cimg0357_2 Cimg0353 Cimg0367

さてさて 翌日は江の島から あこがれの江ノ電に乗って~鎌倉へと。途中、山田太一ドラマ「遠まわりの雨」で渡辺謙さんと夏川結衣さんが熱い抱擁を交した 極楽寺駅ホームにほぉぉぉ~(^^ゞ

鎌倉は生まれて始めて~当初は 鎌倉まで行ってから自由散策という予定だったのですが、男添乗員の林さんの尽力で(これは内緒(^_^;) 大仏みたい~!のお客さんの願いもあり、長谷で下車させていただき あこがれの鎌倉の大仏はんを。おぉぉ これが大仏さん、阿弥陀如来坐像 1252年に建てられた青銅大仏さん、中にも入れるということで へぇぇ~ちゃんと 背中には窓が~へぇぇ~。

Cimg0379 Cimg0387_2 Cimg0390 Cimg0398

「遠まわりの雨」では、誰ひとりいないほどひっそりの大仏さん周りも、修学旅行生でわやわやの人出でありました。

鳩サブレを買って、そこからタクシーで 鶴岡八幡宮へ。

「一茶庵」さんで、おそばを食して~早々1時過ぎに帰路へとあいなりました。

アラカンおじさん林添乗員さん、大活躍大奮闘のおかげで~楽しいパルック旅に。次のパルックは、林さん指名で行きたいもの(^^ゞです。

帰路途中の足柄SA、 札幌グランドホテル監修の生キャラメルソフトクリームは 美味しゅうございましたぞ~(^^ゞ

Cimg0407 Cimg0420

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

続・奈良へNARAへ 

6月1日、ヘトヘトで辿り着いた 宿泊先・奈良ホテル~明治42年開業の老舗ホテル、その新館へ(本館は全室禁煙)。

そこで 1時間ばかり休息をとり~さてさて ならまち方面へ向かいます。

まずは、もちいどの商店街をブラブラ 色々楽しそうなお店が多く、そこから ならまちへ向かいます。少し歩くと 足が変調、休み休み~ちょっと一休みと立寄った「きかくけん・寄鶴軒」さんで、おっぉ これはと注文したのが

馬カプチーノとこたろうのたいやき・セット」~

Cimg0223

けっこう「大仏カプチーノ」「鹿カプチーノ」といったものは眼にしましたが、これはびっくり~なんで奈良で龍馬がはともかくも、ちゃんと龍馬型があって作られるらしいのです。

スプーンで掻き混ぜない限りは ちゃんと龍馬顔は崩れず またけっこうまろやかな美味で~そそそして「たいやき」のほうは、なんと近くの こたろうという鯛焼きやさんから出前してもらうんだとか~しばし待つこと、こたろうのご主人が自転車で はぁはぁ息きらせてみえました(^^♪

~ご主人の話では、お店が坂の下で 急な昇りを自転車でとのこと、以前は自転車レーサーだったようなお話も~と、このたいやきさんが まぁちょっと違うぱりぱり皮感触で アンコもよいころ加減、美味しいのです。このセットは、お勧め(^^ゞ

さて、ならまちといえば 「鹿男あをによし」なのですが、ここが多分 下宿先のお家かなぁ、ここが多分 ふたりが泊まった旅館かなぁ、と カメラに。

Cimg0231 Cimg0239 そんなことで、ホテルへ帰り~お食事~実は 銀行からの 1泊ひとり朝食付無料サービスチケット利用の御宿泊、ただし必ず夕食はホテルでという限定付なので 和食フルコース1万円を ごくごく普通のテーブル食事処で 仕方なく~それにしても お酒一合頼むと 最低千円~一合で我慢して 部屋に帰ってから 持参の「義左衛門」をチビチビと(-_-;)

さすが「奈良ホテル」。

さて 2日~朝食は 大満足の洋食~コーヒーおかわりし放題。テーブルで 一組の食事が終わると スグサマきちんとシーツを新しいものに変えるというあたり、さすが「奈良ホテル」です。

車はホテルに置いて、歩いて10分、「興福寺」へ。お目当ては もちろん「阿修羅像」、修学旅行生いっぱいの国宝館にて。

360度回転はしてくれませんでしたが、えもいわれん 複雑な表情に惚れ惚れと。あぁl これで わたくしも晴れて成仏できそうな~(^^ゞ。

Ashura01

さてさて、次は「春日大社」へ向かいます。とぼとぼよちよちと(^^♪

まずは「鹿男あをによし」のメイン舞台? 小川先生が鹿から あれこれ指示を受けた「飛火野」へ。なるほど 鹿が幸せそうに、なんや話しかけられそうな雰囲気も。ほぉほぉ ここが先生がシロモチいやシリモチついたところか~と。

Cimg0264 Cimg0272 Cimg0274 Cimg0293 Cimg0286_2

興福寺の幸せ鹿さん、飛火野風景、藤原くんが話かけたであろう鹿さんA、途中一緒になった岡山のお元気6姉妹さん です。

春日大社にお参りして、さてどうする またアソコへ戻ろうか戻りたいということで、しかし もう歩くのは無理~タクシーで もちいどの商店街へ。

相方は 商店街で 布生地探し、わたしは うろうろ~そこで発見したのが、古本屋さんの店先 105円のたぬきの絵本が(^^♪これがまた 嬉しい初物絵本、近々 絵本ペイジでUPしまぁ~す。

フジケイ堂さんにて。

もちいどのを近鉄奈良駅近くまで~お腹も減ってきたし~なにやら行列のUDONやさん、「ここの巾着うどん、美味しいんよぉ~」と行列のおば様方に誘われて~なんや?そそその巾着うどんとは、あげ巾着のなかにうどんがぁ~これは初物、美味しくいただきました。「麺闘庵」さんにて。

Cimg0303 Atui89

さて次は「鹿男」でもロケがあった テンテンカフェさんへ~故河島英五さんの奥様がやってらっしゃるお店、バックには「酒と泪と男と女」他が静かに流れ ここでゆったりコーヒーをいただきました(^^♪

昨火曜日はお休みでした。

そして、ホテル帰り途中の「元興寺・極楽坊」へ寄り~お土産に「ホテル特製・奈良漬」を~

ナビを目的地「自宅」に設定し、帰路へ(^^ゞ

奈良もいっぱい行くところがあって 次回がまた楽しみに(^^ゞ(^^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

愛でるかな 奈良へNARAへ。

6月1・2日と 奈良へ~

1年ほど前から 飛鳥・奈良時代を舞台にした小説 特に女帝もの~を多く読んでから 奈良へ奈良へと気持ちが騒ぎ 一直線~

平城遷都1300年イベントもあって、今こそ旬~上海万博か奈良か 付和雷同の時~プラス「鹿男あをによし」DVDーBOX入手記念の勢いもあって。

愛車キューブで 朝7時前に津を出発。ナビ目的地は「唐招提寺」に設定~超方向音痴(=彷徨)のわたし まぁナビの有りがたさ、名阪・天理から高速入って あれぇ~天理SAのトイレ寄って あれあれ郡山インター あれあれ朱雀高校、なんやかんやで、あっという間に 道中わからんままに 8時半過ぎには「唐招提寺・駐車場」へ。まぁ よしとしますか~(^^ゞ

まずは、近くの「薬師寺」へ。歴史の東塔・あをによし西塔・金堂の薬師如来・日光・月光トリオ仏像をじっくりと。

修学旅行生を前に お坊さんが もろ関西言葉でお話を~これが大受け笑いの連続~しばし聞きほれを。Cimg0156

Cimg0144

歴史の道を往復して、唐招提寺へ。

Cimg0163 Cimg0162

実のところ、修学旅行で来ていたのか来ていなかったのかも 記憶になく、その後 時に奈良を訪れてはいるのですが、さてさて~ なんとも情けない記憶ボケであります。

これが「天平の甍」かぁ~と鑑真への思いを。奈良時代の息吹を今も伝える金堂・本尊・千手観音に圧倒されます。

さてさて、予定より早く~次は「平成遷都1300年祭平城京跡会場」へ

~唐招提寺から 車で10分~フェア期間外のため会場駐車場へすんなりと・駐車料金1000円・会場入場料0円とは~。

それにしても、会場内外 駐車場案内の方等からして たいへんな数の人~ディズニーランドか万博会場かのような待ちうけ運営は、どういう裏があるんでしょうか?

さてさて

すこし腹ごしらえをして、いざと心構えたとたんに 急なにわか雨がまぁ激しく、案内所で しばし休息とあいなりました。

1時間後~雨が小降りになったところで、朱雀門から近鉄線踏み切りを渉り さぁ「第一次大極殿」へ。ところが遠い遠い、はるかはるか向こうに~

Cimg0191

1キロ歩いて辿り着きました。これが、大極殿だぁ~と。

Cimg0196

NHKドラマ「大仏開眼」で、聖武天皇こと國村隼さんが座ってたらしいお椅子はこれかぁ~と。

またまた歩いて、次は「平城京なりきり体験館・天平衣裳体験」を。別部屋で 靴はそのままでお着替えを、ちゃんと天平美女が介添えを(^^ゞ小道具も揃って 写真付きでひとり500円は 楽しいぃ~(^^ゞ

気分は正しく平城京(^^ゞ石原さとみさん風に。

Ishiharasatomi_daibutsukaigen_002l

Cimg0528

というわけで あと資料館を廻って もうヘトヘト

歩きつかれて、まずはホテルへ向かうことにいたしました。しかし、この会場~跡地には日陰もないなにもない 夏の真っ盛りにはどうなるんでしょう?日傘・飲料は必ず、急な雨のためにも必要です。

(つづく) 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

まちかど博物館総会、そして四日市へ

5月30日は、「津・みえのまんなか・まちかど博物館 総会」。

10周年に向けて、わたしも 総務補佐代理助手役として、活動報告やら何やらを担当、新たに参加された バイオリン工房さん・ガラス工房さん・草仏庵さん・辻岡醸造さんの認定式があって、無事総会は終了(^^ゞ

草仏庵・勝田雅敏さんの 最近造られた 感動の木仏像~1年に1体造られるとか~をUPしてみました。

Cimg0106

さてさて 食事後、四日市まちかど博物館巡りに出発(^^ゞ

堀口会長の車で、いざいざ~まずは朝日町・「安達微笑仏館」さんへ。こちらの安達正秋さんは 60歳から仏像造りを始められたとか~また仏像教室も~

素晴らしい仏像の数々に 魅了され、そうか60から仏像を わたしでもできないこともとないかと~車でご一緒の 新館「バイオリン工房」の中野さんは バイオリンを造ってみえる方、教室も開いてみえて 聞けば 60過ぎてバイオリン演奏を習いにみえる方も最近は多いとか~うーむ、そうかバイオリンと仏像、ついついミーハー気分でその気になったりしてぇ~(^_^;)

Cimg0114 さて、お次は~

羽津町「かめ・かめ博物館」さんへ、20年のコレクションでななんと亀が5千点~あちゃぁ~そのかめかめに 呆然唖然~また館長森一知さんの情熱に亀愛に コレ仲間としては(-_-;)完敗でありました。四日市ウミガメ保存会にも。

Cimg0123

その年その年、今年はアクセサリー物、今年は焼き物と テーマを決めてコレしてみえるといは~あっぱれ かめかめさんです。

かめさんは、世界中にいますからねぇ(^_^;)

旧東海道沿・萬古焼き急須コレクションの「加藤輪業」さん方には、スバル450が。

Cimg0128

西日野町「夢菓子工房・ことよ」さんでは 菓子木型で造られた団扇に!

というわけで 津に帰ってきたのは、午後6時~いろんな方がいろんな場所に いっぱいいっぱいみえて まだまだお付き合いの奥は深いです(^^ゞ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »