« 2009年12月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年1月に作成された記事

2010年1月20日 (水)

はじめての台湾

今年最初の ブログでぇ~すlovely

1月14・15・16日と 「近ツーホリディ・はじめての台湾ツアー」へ。寒気団が襲う寒い日本から脱出、暖か~い台湾へ。15日あたりは、22℃まで気温が(^^ゞ

中部国際空港から 3時間15分、昼すぎに桃園国際空港へ。帰りは何と2時間でというのが よう判らんのですが(~_~ 偏西風?

昨日倒産したJAL便で。

そこから 台北へ1時間。今回は 9人でのマイクロバスツアー、名古屋方面から夫婦二組とプラスおひとりで5人、長崎から母娘さんお二人、福岡から女子大生さんお二人という構成、ガイドは やや若くはない王さんが。妹さんが日本にみえるとかで、しっかり安心ベテランの方。

1日目は、まず「商売の神様・行天宮」あたりを。その近く 占い横丁経由で~ツアー女性方々が揃って~eye

015

次は ドバイにビルが出来たため 最近世界第二の高さになってしまったという「台北101」へ、高さ508m 101階建て、89階の展望台までわずか37秒という速さ。見下ろす台北の街は、ビル・マンション・アパートがぎっしり 一戸建ての家は皆無。

食事の後 興味津々の饒河街夜市(ぎんががいよいち)を散策し、ホテルは日航系・ロイヤルタイペイへ。

いやはや 台湾では、なんとホテルからレストランから すべて室内は禁煙なのです。1年前の今頃 新喫煙害防止法が施行され、

なんせ、ホテルの部屋でも!いくらなんでも~weep

違反者は罰金日本円で3万円とか というわけで、1時間に一度は 外へ出てホテル前で~ちゃんと生真面目に~泣けてきますwobbly

帰りの便で一緒になった台湾通のおじ様によれば、「部屋で禁煙なんぞ出来るかいな、パカパカ吸ってましたわ~」とか。ネット情報によれば、石けん入れのお皿やコーヒーカップのお皿を灰皿代わりに喫煙・・・・分からなければOKとのこと とか。実際、部屋で煙草して罰金払った外国人さんが いたんでしょうか?

台湾で売られている煙草のパッケージは、もう生リアルで「煙草吸ってるとこんな恐ろしいことが!」というドロドロ画像が~それにしては、台湾の皆さん あちらこちらでパカパカ吸ってみえましたが~。

さてさて 2日目は~

故宮博物館」で 目玉の翠玉白菜を~自然石に彫刻をという白菜(~_~)これが大人気、ミーハー旅行客故「白菜ストラップ」を購入。もひとつの目玉は、なんと豚の角煮(^^ゞ

所蔵品の精巧さに唖然。じっくり観て廻れば最低2日は必要かも。

次は「忠烈祠」、日本の靖国神社のようなところ。

そこで、衛兵交代式をじっくり。門に直立不動で佇む衛兵の方、ご苦労様です。

そして、 恒例ガイドの王さんとツーショットを。

005 006 さてさて

お次は、ツアーのハイライト「テンタイフォン・鼎泰豊の小籠包」。

噂には聞いていましたが、さすが 本店の小籠包は 薄皮・肉汁がからまり まぁ絶品でありました。

店頭で 小籠包ちゃんと一緒に記念写真を(^_^;)ただし同伴者が(~_~)

007

次は、蒋介石を偲ぶ「中正祈念堂」へ。

そして 台北から50分「九份」へ。

風も雨も無く 暖かな九份の路地を歩き 夕食は「九戸茶語」にて。

定番の階段道を~デジカメの電池切れて携帯で(^_^;)

001 010

その帰り道、黒い犬が佇む階段風景を。

実に雰囲気のある街並み~なるほど「千と千尋の神隠し」でした。

さて、駆け足の3日目。ガイドさんも変わり 9人が4人になり、「雙蓮朝市(そうれんあさいち)」へ寄り、台湾で最も古く有名な「龍山寺」へ。台湾で初の雨がしょぼしょぼと~。

ここは、神様・仏様のデパートのようなところ。「行天宮」もそうでしたが、地元の方々で いっぱい。おみくじ引いて、赤い三日月状の木片ふたつを地面に落とし願いを聞いてもらうのです。これが、そのおみくじと神杯。

022 003

それにしても、別にお賽銭箱があるわけでもなく、いろんなお経やらグッズやら線香までも みんな無料配布というのが素晴らしい。お札やら 2年分ある大判カレンダーやら いっぱいいただいてしまいました。

台湾の寺院というのは、お金持ちのスポンサーが必ずついているらしく、一般の参拝客は、お供え物を持ち込むのですが お祈りの後は持ち帰るという決まり、ふ~ん そうなんだ~(^^ゞ

昼食は、ホテル圓山大飯店で広東料理を。雨も上がり ほほぉぉ の大飯店全景です。

012

あとは 免税店でのショッピング、 台湾では たぬきは見付からないと思っていたら、ありましたありました 

なななんと「十二支揃え・狸」が!

十二支とはなんのこっちゃ?う~む。

まぁ狸には間違いないのですが、お店の人に聞いても要領を得ず、紙箱には「狸貓」(りり?)と。確かに「平成狸合戦ぽんぽこ」は「 百變狸貓」というタイトルで台湾では公開されたらしいのです。これが、それ(^_^;)日本円で800円。

031

 

まさか こんなところに鎮座していたとはsign03

台湾で 感動的だったのは~

バイクが 自動車と競争のように並行して走る姿、もうオートレースの様。北京では、自転車と自動車が あうんの呼吸で走っていましたが、いやぁ台湾のバイクの波も またあうんの呼吸で~

交差点で30分見ていても飽きがこない バイク疾走風景でした。

桃園空港 夕5時25分で帰路へ。

なんやかんやで、刺激的な台湾でありました~(^^ゞ 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年3月 »