« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月に作成された記事

2009年11月17日 (火)

狸御殿エピソード

その1

まちかど博物館オープン以来後 初のガイジンさんが。11月11日。

お友だち方方に ホームスティ中の ご夫婦とご婦人の3人さんが。

TANUKInote、ラコーン・ドッグnote、とお友だちに通訳していただくも、さて判っていただけたのかどうかが不可解も~けっこうオバサマ方は、おぉぉぉsign02とはしゃいでみえたから、まぁ良しとしますか(^^ゞ

たぬき帽子をかぶっていただき、パチリheart01

これが、また けっこう似合ってみえて 「まんえんの笑み」UPをさせていただきました。

Tannnoi2

この方は、

USA Georgia Big Canoeの MARGIE BOWYERさんheart02

来訪帳のサインによれば・・です(^_^;)

やっぱり カタコトでも英会話くらいできないと(-_-;)

そうそう、「マトリックス化け狸」だけは 判っていただいたようで、でも発音が「マトリックス」じゃなくて「マトゥリクス」でした(^_^;)

その2

神戸の方から 先月 突然電話をいただいたのですが、

最近 亡くなった母の遺品から、狸の置物やらこけし人形やらが 数点出てきました。いくら狸とはいえ 母の愛した狸らしく ゴミに捨てるとか処分するのに躊躇していたら 狸コレクションの方をネットでみつけ 大事にしていただけそうだと・・とのこと。

後日、丁寧な包装していただき 数点の狸を引き取らせていただきました。

ちょっと嬉しい話でしたので・・

大切に大事にさせていただきます(^^ゞ

その3

映画「大当り狸御殿」の半ポスターを ついにオークションで入手しました。

千円でした。まぁ嬉しいsign03

早速 UPを。

Ooataritanuki22

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タンノイ博物館は凄い!

テレビ騒動sign02 も終わって(^_^;)

11月8日は 「たぬきの日」「たぬき休むDAY」、1年ぶりの信楽へ。

しがらき狸学会・日本たぬき学会の合同総会へ。そして、ふたつの学会が合併統合、信楽を本部にした NEWたぬき学会がスタートすることに。

新たな たぬきヒストリーがsign03

詳しくは、NEW「たぬき学会」頁で(^^ゞ

お久しぶり、長老・京都の北村さん、碧南の辻さん、日野の秩父さんと たぬき仲間の先輩方と。

さて、11月14日は、まんなか・まちかど博物館のお仲間総勢16名で 人気投票結果のベスト6館を巡ることに。

まずは、青山高原保健休養地にある「タンノイ博物館」へ。

タンノイといわれても なんのこっちゃなのですが、イギリスのTANNOY社製のスピーカーのこと、そして ここに在るのが 50~70年代に製造されたヴィンテージ・スピーカー。

そのスピーカーをメインに、70名が収容出来る 高さ7メートルという吹き抜けのホールが。そして、ここは 総ヒノキ・杉で造られた お家なのですheart04

館長の松橋健さんから、仰天のお話を聞き、さて「視聴」を。

Tannoi

クラシック曲を10分、そして 美空ひばり「愛燦燦」「川の流れのように」を。

これが、素晴らしいsign03sign03

タンノイスピ-カー2台から流れる その生に近い いや生以上の迫力。ほんま そこで ひばりさんが唄ってるのです。

今まで聴いてきた音楽は なんだったのかと思い知らされるパワーなのです。

JAZZを聞くには、もうひとつの アメリカJBL社のEVEREST DD-55000が。

お気に入りのCDを持ち込み、木の香り漂う このホールで聴けるというのが 嬉しいこと。アート・ファーマーを、ここで聴きたいなぁと。

この日は 1時間足らずの訪問でしたが、いやぁ驚きました。三重県にも 日本中にも、こんな贅沢なミュージアムはないのでは。

詳しくはこちらへ。http://www.forest-energy.com/

コーヒー・お菓子付きで 千円の入館料です。はっきり申し上げて 千円は安い。いやぁ あっぱれ松橋さんnote

次に向かったのは・・また 後日に・・。

というわけで、面白楽し博物館巡りのレポートPART1でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

放映終わって・・(^^ゞ

10月29日、PM6時から 延々放映が。

その後、いろんな方から いろんなご感想を。

まんずまんず おおむね 好評だったようで、一安心を。

担当ディレクターの盆野さん、きちんと(^^ゞ うまぁ~く編集を。

またカメラの堤さん、ほんと丁寧に 狸たちを映していただき。

この場をお借りして、ありがとうございました。

美帆さんからの 絵手紙を未承諾で公開、これがまた 大胆不敵な(^.^)

サイバラ理恵子タッチの豪快さ、ほんに気に入りました(^^ゞ

007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »