« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月に作成された記事

2008年2月22日 (金)

電子申告 なのだ。

present 今日は2月22日。

今年は やけに 雪が ふるぅーsnow

2月8日 イーッタクス 電子送信申告にやっと成功。

昨年は、見事に失敗。どうも カード設定に問題があったようで、まあ 悪戦苦闘 2年かけての成功は 喜ばしい・・

が、それにしても ちょこらちょいと 簡単には前に進まないのです。

大々的な宣伝 「簡単・簡単」に惑わされて やってみると、とてもとても。ある意味、「偽装」の世界。

確かに、還付金の通知は 2週間と 早かったのですが・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月 2日 (土)

昨日の続き・・。

あれやこれや、1 したいこと・2 しなければならないこと・3 してもしなくてもどっちでもいいのだけれどしといたほうがいいこと いろいろありすぎて、まずは 3 ブログを。

そうそう、丹羽文雄記念堂 のこと。そういえば丹羽小説というのは、ひとつも読んでいないのですが まあそれはそれとして この記念堂に かなりのスペースの「応接間」という空間があって、ちゃんとソファも備えられていて、これが またよく出来ているのです。

丹羽文雄気分で 40分余ゆったりほっこり。わたしひとり、誰も立寄らないというのが またよろしい。平日の昼下がりの 最高のスポット 四日市市さんに感謝。ここは無料です。

そこを出て、次は「プラネタリウム」へ。料金は530円。50分間の星座ショーを といっても リクライニングシートに身を任せると こっくりこっくり 極上のひととき。

お客さんは わたし含んで ふたり。

以上が 1月25日の日記。そうそう、博物館近くの「あじ川」で 久々に「寿司かけ」(ちらしにかけうどんのセット)を。

◎1月5日

お正月早々 いろいろあって 厄落しに 美杉町の北畠神社へ。

旧津市内から 美杉町へというと、一志町からのルートなのですが、一度 県道43号線でと 波瀬経由で 山道を。もうこれが 車一台通れるだけの 山道。キューブが喘ぎながら・・。

生きた心地しないという まあ 恐ろしゅうございました。後で聞いたら 地元の人しか めったに通らないというルートとか。ふぅぅー・・。

途中 「矢頭(やず)の大杉」 というスポットが。高さ42m 樹齢千年以上。ちゃんとログハウスも。高校生が合宿していたらしく そこで 皆さん 記念撮影をされていました。

Yazusann

◎1月13日

伊勢へ。ちょっとした内内のイベントで。

びっくりしたのは、あの「その名も・・国際秘宝館」が 跡形も無く なくなっていたこと。

その昔は「伊勢の名物」といえば 赤福と国際秘宝館 だったのですが・・今は ふたぁつとも・・。

Mvc017f

あの所蔵展示物は どこかへ引き取られたとか聞いたのですが あれは「世界遺産」として どこかで復活を遂げてほしいものです。

◎1月27日 名古屋へ

甥っ子が、OBとして参加するというので、某大学の 混声合唱団 その名も・・コール・グランツェ 定期演奏会へ。

芸術劇場コンサートホールは、ほぼ満席。

生まれてこのかた 混声合唱曲というのを生で聴くのは 初めて。これは 相当のもんだワイと 感心至極。ちょっと可愛いひとり茶髪の 現役学生さんに 不謹慎ながら 声援を。

最後 アンコール曲に やっと知ってる曲が。「やさしさに包まれたなら」 もちょっと ポピュラーな曲を 34 唄っていただきたかったと。

以上 駆け足にご報告を。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

その後・・。

あっという間に、2月1日・・そう云われてみれば、あとこの職場も、残すところ2ヶ月・・どうにも他人事のように思えて・・自分の人生、いってみれば「他人事の人生」だったのかも・・そんなこんなで、最近の日常を。

今の勤務は四日市なのですが、反日・・じゃなくって半日休みを貰って、つい先日 「余暇位置・・じゃなくって四日市市立博物館」へ。1月25日。

まずは、開催中の 昭和博物館というレトロな会場を観て、

ちゃんと レトロ映画館もあって 美空ひばりさんの 東映映画予告編が上映中。これは嬉しい。

次は常設 「丹羽文雄記念堂」へ。

四日市のお寺で生まれ、住職になるはずが 作家志望で家出、・・そしてそして百歳で・・没。

この続きは・・また・・ということで。Iniwahumio

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »