« 有頂天家族 | トップページ | おめでとうございます »

2007年12月31日 (月)

今年もあっという間に・・。

今年最後のふうてん日記を。

12月25日、毎年恒例の京都・終い天神へ。

また今年もお店を出してみえた 蔵馬工房・大久保雅生さんに「表札・大当り狸御殿」を注文して、あちこちお店巡り。

連合いは古布探し・・まあ古着関係のお店が最近多いこと多いこと・・、こちらは狸探し。

あれあれとお知り合いご夫婦に奇遇遭遇したり、2年ぶりのあの焼餅をと、数時間があっという間。

いつもは京都に泊まるのですが、今年は趣向を変えて「大阪」へ。

立ちんぼの新快速で、あっという間に久々の「大阪」。ほんと3年半ぶり。

やっぱり、道頓堀へと。まあえらい人の波。さすが。ほんまもんの大阪。

お目当ては、旧中座跡の新狸キャラ「シバエモン」。

Oosaka01 今は、セラヴィスクエア中座のシンボルとして、芝右衛門狸が。

「道頓堀極楽商店街」に初参上。

大阪レトロの雰囲気たっぷり。

食事は、かに道楽。やっぱり大阪で食べる、かにの味は最高。

そして、極みは「グリコのネオンサイン」、落ち着きます。

Oosaka05

泊まりは、上本町の「アウィーナ大阪」。

さて翌日は・・上本町から通天閣あたりまで歩いてみようと。この海抜20~25mの高台を「上町台地」といいまして・・。

ほんとは、上本町近く 鶴見康雄和尚の「たぬきのお寺」に三回目のお寄りをしたかったのですが、和尚さん、25日は「鳥羽」へご家族旅行との日程。入れ違いになってしまい、残念でした。

さてさて、出発 上本町。

なんせ、ボーリングの玉 上本町から転がすと難波まで転がっていくといわれるくらい。

これはブラック・マヨネーズのネタどす。

生国魂神社(いくたま・いくくにたまじんじゃ、どっちが正しいんか?)から始まり、「天王寺七坂」のうち源聖寺坂・口縄坂・愛染坂・清水坂と降りたり昇ったり。

京都風情を楽しみにしてたら、坂の途中 電気工事作業中だったり、救急車のタンカがなぜか走り去ったりと。

ちょーっと。

そして、四天王寺へ。聖徳太子が建立した日本仏法最古のお寺さん。

五重塔はなんと鉄筋コンクリート建、なんとてっぺん迄昇れるというスグレ塔。

そこから通天閣への道で、なにやら人が妙に出入りしているお寺が「一心寺」。

1997年に完成したという仁王門にびっくり。あうん像のあ像を。

Oosaka06 いやはや、モダーン。

そして、やってきました「新世界」。

まあ、いつ来てもほっこりゆったりする町です。

かんかんの「たこ焼」、八重勝の「串カツ」(ここはたぬきがキャラ!)、そして・・づぼらやの「ふぐ」を制覇。

Ooska04

ほんでもって・・いつ来ても嬉しいのが、映画館!

新世界東映では、「大脱獄」「柳生一族の陰謀」を上映中。以前は三本立てだったのにー。

国際地下劇場の「手描き看板」に感動。おもわずカメラに。

ただ、以前あった映画館が今は・・東宝・日活・松竹の映画をやっていた劇場が。

Oosaka02

そして、次は「天王寺動物園」へ。まあ、動物園なんて・・子供が小さいとき以来ですから・・20何年ぶり・・か?

これが楽しい。爬虫類の館から、おおコアラも、レッサーパンダも、キリンもゾウもフラミンゴもオオカミもクマも!

ここでは、孫を連れてしょっちゅうくるというおじ様と話を。自然と共生する動物園とかで確かに営業努力されてる感じがいたしました・・

「動物園」って、人間、それも大人ども、最低年一回は来るべき「証所」なのでは!

心が洗われます。

大阪交通局のイメージキャラ「ぴたポン!」にも遭遇。

Chara

大阪は、大阪ガスさんの「ガスヒーポンたぬき」といい、この「ぴたポン!たぬき」といい、京都と同じく住む人の半分は「狸」に違いありません。

てなわけで、駆け足のご報告を。

|

« 有頂天家族 | トップページ | おめでとうございます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

やっぱ 大阪 毎日がお祭りですものね。

道頓堀かいわいで一日 ぼぉ^ぼぉーとしてても 疲れないのが よろしいです。

投稿: ぶりゅぅ | 2008年1月11日 (金) 14時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/408526/9650962

この記事へのトラックバック一覧です: 今年もあっという間に・・。:

« 有頂天家族 | トップページ | おめでとうございます »