« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月に作成された記事

2007年9月30日 (日)

たぬきについての、ちょっと嬉しい話。

その1

今の今まで、この津に絵本専門店があったこと、知りませんでした。

9月28日、ふと訪れた「おはなしの森」というお店。あれれ、びっくり。聞けば、2000年当時からのお店とか。これぞ一生の不覚。

四日市の「メリーゴーランド」さんでは23回、たぬきの絵本を購入しましたが・・

そこで、たぬきの絵本を所望。選んでいただいたのが「おかえし」という絵本。おかえしのおかえしのおかえしという落語みたいなストーリーに興奮してしまいました。

早速、絵本御殿頁にUPさせていただきました。

その2

次は、BBSでちょくちょく参上していただく「こざる」様から、「たぬきがたぬきがいますよー」とお借りした少女コミックスもの。まあ、たぬきもいるところにはいるものですねえ。

遠藤淑子さんの「スイートホーム」。こざる様によれば、この遠藤さん、けっこうマニアックな人気があったとかで。昭和63年当時「花とゆめ」に掲載されたもの。めぐみという名のたぬきが、竜神様に化けて重要な役割で。これまた早速UPを。

「花とゆめ」といえば、70年代後半、購読していましたしていました。「ガラスの仮面」「パタリロ」全盛の当時。その頃といえば、わたしが30代前半くらい。「少女マンガは文学を超えたー!」と自己暗示にかかっていたような記憶が。

花とゆめコミックス、フラワーコミックス、そうそう朝日ソノラマから出ていたサンコミックスは名作揃いでした。

倉田江美さん(一千一秒物語ほか)、森川久美さん(シメールはか)、萩尾望都さん(ポーの一族ほか)、大島弓子さん(綿の国星ほか)、樹村みのりさん(ポケットの中の季節ほか)、山岸涼子さん(アラベスク、日天処の天子ほか)、三原順さん(はみだしっ子ほか)、今もしっかりと書棚に埋蔵されています。もちろん「ガラスの仮面」もちゃんと。

ところが、今はネットカフェでたまにマンガ本を読んでも読み続かないという有様。今はやたらめったらテレビドラマ化映画化が多く、映像化のほうが早いかという安易な姿勢。これはよくないことなのですが・・。

その3

ほんとに久々に日曜の6時半、「サザエさん」をみてたら、第三エピソード、

腕白坊主の持ってきたお土産が「たぬき」、いかにも信楽風の。

こういう展開、びっくりするんです。ドギマギするんです。

そんで、お父さんが坊主を連れ戻しにやってきたんですが、「帽子」はともかく「たぬき」は磯野家に置きっぱなしになったのか、また連れ去られたのか、そこんとこはっきりしていただきたかったなあ・・と。

Zz021130

これは、ネットでみつけた大好きな変形「たぬき」さんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土)

残暑きびしいおり・・。

まままさか、予想通り、10連勝のあと8連敗しちゃうとは。首位の座からすべり落ち、あれよあれよ点は取られ放題という情けなさ。グシュン。

あの10連勝は、「夢」だったのでございまするねぇ。

そういえば、巨人一途の某お友だちに、「10連勝じゃー!」などと携帯迷惑メールを送りつけたこともあって・・「バチ」が当たったのかも。

失点が得点(リーグ最低)を上回ってる、打率・本塁打はリーグ最低、3割打者はひとり(その林くんももうしばらくで消える)まあこれで優勝というのはムシがよすぎましたか。

クライマックスシリーズも・・出場、大丈夫なんでしょうか。

ウジウジと。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

HPの更新やら。

このブログは、HP更新の報告も兼ねていますので。

「大当り絵本御殿4」にふたぁつ。

どちらもオークションでの入手。「まねきねことたぬき」「たぬきのおもち」の2冊です。

もうたぬきの絵本はこれ以上と思いつつ、未だあるとこにはあるもの。奥がまだまだありそうな・・。

今日はまた暑さが再来襲、そして不安定すぎる天候、どうにもこうにも体も心もすっきりしません。うちとこのタイガースも負けたり勝ったり負けたりで、ついに首位転落へ。どうも首位というのは居心地が悪いようで。ひとまず、ほっと。

最後の最後で首位というのが・・「おねがい」。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年9月14日 (金)

筒美京平 ベスト

筒美京平さんは、60~80年代の歌謡曲を支え続けた方。今ももちろん現役。

1998年にシンコー・ミュージックから発売された「筒美京平の世界」は、家宝に。

本名 渡辺栄吉、1940年5月28日 東京神楽坂で生まれる。

そこで、唐突に 筒美ベストテンを。

① 誰も知らない 伊東ゆかり

② 真夏の出来事 平山三紀 ( ビューティフルヨコハマ も選択肢)

③ ブルーライトヨコハマ いしだあゆみ (あなたならどうする、太陽は泣いている さすらいの天使 も選択肢)

④ よろしく哀愁 郷ひろみ 

⑤ 色づく街 南沙織 (17才、純潔、潮風のメロディ、傷つく世代 も選択肢)

⑥ 渚のうわさ 弘田三枝子 (風とオトコのコ、枯葉のうわさ も選択肢)

⑦ 雨のエアポート オーヤン・フィフィ (渚ゆう子の 雨の日のブルース、朝丘雪路の 雨が止んだら、も選択肢。もちろん、フィフィといえば 夜汽車、恋の追跡 も。渚ゆう子といえば さいはて慕情 も。)

⑧ 木綿のハンカチーフ 大田裕美 (九月の雨 も選択肢)

⑨ さらば恋人 堺正章

⑩ 芽ばえ 麻丘めぐみ

次 くれないホテル 西田佐知子

あと、「東京ららばい」「ロマンス」「さよならの彼方へ」「ギンギラギンにさりげなく」「なんたたってアイドル」「1986年のマリリン」「あの場所から」ほかほか。

忘れてならないのは、もちろん「サザエさん」です。

では、「誰も知らない」を画像で。

Itouyukari1

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2007年9月10日 (月)

南沙織さん

久々に画像を。

南沙織さん・・いやはやアイドル・・でした。Saoriminami とくに筒美京平さんとのいっぱいの佳曲は今も。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

えらいことになってきましたどす。

あれよあれよの10連勝、首位巨人を引き摺り下ろし東京ドーム3連勝、あまりにもうまくことが運びすぎてるような。

これはひょっとするとひょっとしそうな予感も。しかし、素直に喜べないのが、ひねくれファンの業。10連勝のあと、8連敗ってことは・・今までよくありましたし。

藤川くん、10連投で大丈夫でっか?昨日のラスト踏ん張りは凄かったですが・・心配。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年9月 8日 (土)

今日は名古屋へ。

土曜日。今から、退職された方の送別の宴へ。

来年は・・私も・・。うむむむ。

最近、某姫様の紹介であの「ミクシィ」へ登録を。いわば会員制ブログ。こちらのココログさんでは、日記帳として。あちらミクシィさんでは、小さいころから観てきた和洋混雑映画の数々を、綴り貯めた映画日記帳を基に記してみようかと。

そうそう、昨日の試合はすごかった。あのナゴヤドーム三連勝以来の興奮を。なんせあちらはホームラン7発、久保田くんが2本も打たれこりゃアカンと思わせておいて(時々、久保田くんはこうした見せ場をつくらなくてもいいのにつくるのです。)最後・・桧山くんが、芸術的一発を。いやあ、まいりました。日刊スポーツによれば「「今日首位!!いや、もう優勝や。これは優勝する。絶対にする。」と。まあ、そううまく事は運ばないのが人生。今はとりあえず8連勝、首位に0・5差ということでウットリしましょう。

通勤帰り、某証券会社さんで「投資信託」話を。

先日は、某銀行さん主催の「投資信託セミナー」へ。なんせ今団塊世代退職で、あちらこちらファンド勧誘が大盛況?。長期運用、分散投資が要のようです。

株とういのは、今までやったことがない私。今は2口ほど投資信託に。どちらも毎月配当ってやつで、税金引かれる「普通分配金」が入ってくると安心するのですが、たまに元本割れ配当である「特別分配金」が入ってきます。外国債券中心のファンドなので、この円高の折・・これからは「特別配当金」しか入ってこなくなったりして・・。そんな円高の折、今が買いらしいのですが。

某証券会社さんの新商品とかで、面白そうと思えたのが「ラテンアメリカファンド」(今からは注目すべき世界は南米なのだ)、「アグリファンド」(今から注目すべきはバイオをテーマとした農産業なのだ)、「アクアファンド」(今から注目すべきは水をめぐる産業なのだ)、いろいろ勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年9月 5日 (水)

加山雄三スペ

残暑といいいましょうかなんともうしましょうか、未だ暑い。お風呂上り、汗ふきふき裸姿。

で、

プロ野球のほうもも暑い。今年は4位でけっこうなんて思っていたら、まあここまでくると・・とりあえず2位くらいへという気分に。

で、

テーマは、「加山雄三」さん。

70歳・古希。いやはや、素晴らしい。

この間の、NHKーBSのスペシャル、中味濃うございました。

サザン・桑田さん、「加山雄三さんが神なら、前川清さんは仏」と言いたげなシーン。

竹中直人さん、「西村潔・加山雄三アクション映画をおまえたちは知らないのか」と言いたげなシーン。

フムフムと納得。

どん底の時代も軽く振り返り、今は「絵」(11年間で1千画・・)に「歌」にいれこむという加山イズム。

「料理でもなんでも一人でやらなきゃあ、それでこそ夫婦は分かり合えるんだよな・・」てなお言葉。(・・・あなたとは全く違うわね・・と横槍が・・)

「親父の大根役者っぷり」、「ビートルズとの一夜」、「夜空の星はこうして出来上がった」等、えっそうなんだってはじめての話も嬉しく、単純明快、元気が出てくるという番組でありました。

私にとっての、加山雄三ベストは「ブラックサンドビーチ」「夜空の★」「蒼い★くず」です。

以上。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年9月 2日 (日)

ばたばたばた・・。

ここんとこ、いろいろばたばた続き。

突如、長男に結婚の話が持ち上がり、当の娘さんが来訪され、これからそれからあれから・・。

なぜか、緊張しなくてもいいのに緊張。

こちらこそよろしくおねがいします。ほっと。

昨日は、飲み友達(・・といっても27歳差のお嬢様・・わたしは「大先輩」という肩書きでしたが・・そんなはずでは・・)の結婚披露宴にお呼ばれ。

よかったよかった。彼女の天晴れ姿に涙の口上に・・思わずもらい泣き。

よかたよかった。ほっと。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »