« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月に作成された記事

2007年8月27日 (月)

たぬきのプチガトー

こちら津では有名な「はくとうきゅうあん・伯藤久庵」さんでみっけた・・たぬきのプチガトー。

もろ「卵」のなかに濃厚プリンがという「赤玉プリン」がここの名物です。Hakutou3

| | コメント (1) | トラックバック (0)

8月25日のつぶやき

今日は、奈良の月ヶ瀬へ「いちご狩」。

朝9時出発、連合いのお父さんの車で。私は助手席。途中、名阪国道、関を超えたあたりの坂道でエンジントラブル、スピードが出ない出ない、「加太(かぶと)トンネル」の手前路肩に停車。

なにやら焦げる匂い、かすかに煙も。

JAFに携帯より電話。応対の女性のてきぱきさに感心。ハザードランプ付けてください、三角板置いてください、車の中から皆さん出てくださいと。10分後に電話します、番号は○○○・・ですね。(ちゃんと御見通しなのだ。)

10分後に電話が。開きの救援車みつかりましたので急行します。一の宮から伺いますので3~40分お待ちください、とのこと。はて一の宮というと、愛知県かー?

これは時間がかかるかなと思っていると(・・実は伊賀一の宮という近くの地名のことだったー・・)

20分ほどで!

伊賀一の宮のJAF提携の自動車修理屋さんが。仏様!にみえる。

さすがプロ、これはクラッチが磨り減ってのトラブルだと。そこからが大変。応急修理は無理とのことで、キャリアカー仕様の車上にわれら乗客4人を乗せて故障車が積み込まれる。そして、近くのサービスエリアへと運ばれるのだが、ワイアーで固定されてるとはいえ・・ちょっとばかり、いや相当に怖い。

運良く、修理屋さんとこちらの立ち寄り先が近くで、なんとかいちご狩りも出来、お知り合いの方に津まで送っていただき・・無事一日を終える。(もちろん故障車は後日復旧したらとりに行くのですが・・)

今年のぶどうは、暑さのためか・・いつもの年と比べると少々ぶよぶよ感が。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

8月24日のつぶやき

金曜日、お休みをいただき・・某うどんチェーン店のご招待日帰りバスツアーに、同居人と参加。

もっともお一人のみ招待のため、同伴者は10260円という(微妙な)料金が徴収される。

朝7時すぎ、津出発。この「下呂温泉ご招待ツアー」、まずは「オパールミュージアム」へ。いったいどこにあるのか、わけ判らず連れて行かれたのは・・小牧市にある今年5月にオープンとなった施設、オーストラリア政府公認のオパール博物館らしき建物、一般人は入れないとか、そこでオパールの魅力からなにからビデオ映像付きの説明を受け、「コアラグッズ」を記念にもらい受け、さあ次なる会場へと案内されると、けっきょくなんきょくやっぱりのオパール販売店だったというオチ。

参加者の99パーセントは、なんじゃこれはという思い。しかも時間設定が90分。なんせオパール、衝動買いできるような価格設定にあらず、ナン10万円の価格。まあ、買ってもらうには時間もかかるだろうけれど。

このオパール業者さんとバス会社さんと某うどんチェーン店との間になんらかのメリットが三者あったに違いない・・と、時間が勿体無いわいと参加者同志でぶつぶつと話が弾んだというのも、「被害者友の会」風で楽しいような悲しいような。

次は「下呂・くさかべアルメリア」で温泉入浴・かに食べ放題バイキング。2時間設定。

ケーブル式のエレベーターにびっくり、温泉はまあ温泉かな、しかしながらバイキング・・かすかす味無風のかにに驚く・・飛騨といったら蕎麦くらいあってもよさそうなものなのに無いという驚き・・食後にコーヒーでもと思ったらなんと有料という驚き・・まあ団体さん向けのバイキングというのはこんなものなのかと・・妙に納得した次第。

最後は「妻籠宿」、久々の妻籠、ここがほんとのメイン、ただ時間設定が1時間。まあ忙しい1時間。情緒に浸る暇も無く・・。あのなんとかミュージアムの無駄な時間を30分削ってほしかった・・と参加者同志、また心をひとつにという・・・。

帰りのビデオ上映は、なんと「SINOBI・忍」、劇場で観て以来の再観、これがけっこう楽しめました。

津着は夜8時。いやはや、ひとり頭5000円のバスツアー・・まあこんなもんか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月20日 (月)

胸騒ぎの・・画像。

昨日曜日、いえの外、ひっそり佇む「あまがえる」3匹たち。

なにやら胸騒ぎのする午前10時の画像でした。

Kaeru765858

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月17日 (金)

荒井由美さん

やけくそ突破記念に、もうひとつ。

週刊PB初の、荒井由美グラビア。

Img887arai

| | コメント (1) | トラックバック (0)

大竹しのぶさん

10万アクセス突破記念画像です。

大竹しのぶさんは・・日本のナオミ・ワッツです。

Imgootake

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月16日 (木)

アクセス10万突破記念!

・それにしても、暑い熱い。酷酷暑。今日はいちばん。外は体感40℃。

・HP、苦節?7年弱でようやく10万件のアクセスに。

 ひとり、悦びを。

 皆々様に、感謝を。

  

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月14日 (火)

THE BON

・11日

小中高と同窓だった旧友ふたりと3人で・・まあ9年ぶりに再会・・飲み会を。

昔話に、今話に、未来話に・・花が咲いたのか萎んだのか・・さてさて。

同年輩が345人揃うと、まあ「年金」のこと「退職金」のこと「体障害」のこと「老老介護」のこと、また決まって出るのが「孫」のこと。

今回は「孫」の存在が未だない3人、ホッ・・っと。

そんな「○○○など」なしでのひととき、ホッ・・っと。

さてさてこれから。

本音、さらっと生きたいのですが・・これが至難の業。わが未来予想図としては、死ぬまでどろどろ生きそうな・・。

・14日 ドラゴンズ戦 京セラドーム

金本敬遠で、落合監督がスタスタとマウンドへ。

投手へ、ひとこと。・・・。(???)

そして「林」の!!!

いやはや、微妙にいい試合でした。

少し心配は、藤川。

けっこう心配。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

松平純子さん

アチチチ、声も出ない暑さに・・パソコンを動かすのもしんどい。いろいろ記したいこともあるのですが、もうすこし涼しくなってからにしますか。

軽く、画像を。

この松平純子さんという方は、「ポスト藤純子」として登場、東映映画にも数本出ていたのですが ぱっとせず。

この「両国橋」は由紀さおりさんも唄っていますが、私としての「両国橋」は、松平純子さんです。

吉田拓郎 曲。

雰囲気のある唄いっぷりが好きでした。Matudaira B面の「そんな気がする」も。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火)

「阿部」さんは実は「阿倍」さんだったのだ。

・・今の今まで、知りませんでした。

「阿部」首相は、実は「阿倍」首相だったのですねえ・・。

もう紛らわしいったらありゃしない。

某方のご指摘ではじめて知ったという一幕でした・・(^^ゞ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

阿久 悠さん

・・というと、「舟唄」「北の宿から」「津軽海峡冬景色」といった演歌での詩模様もよかったのですが・・。

「あなたはすっかり つかれてしまい 生きてることさえ いやだと泣いた こわれたピアノで 想い出の歌 片手でひいては ためいきついた

時の過ぎゆくままに この身をまかせ 男と女が ただよいながら 堕ちてゆくのも しあわせだよと 二人つめたい からだ合わせる」

沢田研二 「時の過ぎゆくままに」。

よかった・・。こんな「男と女の世界」が憧れでした・・。

無言。

意外だったのは、昭和最高の作曲家 筒美京平さんとの作品が・・。岩崎宏美「ロマンス」「センチメンタル」「ファンタジー」、尾崎紀代彦「また逢う日まで」くらいしか思い浮かばなかったこと。

ちょっと不思議。相性ってやつなんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

森 昌子さん

これは、秘蔵の・・「花椿」表紙の・・森 昌子さんどす。

Mori89

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月 2日 (木)

渚 ゆう子さん

高田純次御同輩も大好きだった・・渚 ゆう子さんです。

Nagisa7 Nagisa8

| | コメント (1) | トラックバック (0)

小田 実さん

小田 実さんの訃報は・・辛い。

わたしがハタチ前後のとき、小田さんは正しく「思想的(こんな言葉を今使おうとは)カリスマアイドル」でした。

ベ平連の会員となりベ平連のデモにも(1回ぽっきりですが)・・参加した頃。

小説「現代史」(1979)に読みふけりました。

いっぱいいっぱい記したいことが・・。

心から・・哀悼。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年8月 1日 (水)

お祭りは終わり・・。

いよいよ8月。

それにしても・・最近、あっという間に月日が変わっていく。(なんなんでしょう?)

29日、いつもながら選挙の夜のTV特番というのが楽しく、リモコンでやたらアチコチの選挙速報を追う。

開票率1パーセントで「当確」が出る昨今、あっという間の「自民惨敗・民主躍進」という報道にはやや唖然。

阿部さんがテレビ各局均等に、「私の責任ですが、私の責任上辞めるわけには・・」とマシーンのように話すあたりに、この方を見直しました。

一度の笑みもなく(微笑らしきしようものなら・・不謹慎とばかり叩かれます)

一度の怒りもなく(各局、挑発交じりに仕掛けるのですが・・ここで興奮しようものなら・・それみたことかと叩かれます)

坦々と受け答えする様、その姿・・感じ入りました。阿部さん、嫌いじゃないです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »