トップページ | 2007年6月 »

2007年5月に作成された記事

2007年5月27日 (日)

いろいろ試行錯誤状態。

5月27日

昨日はしがらきへ。

ご報告頁はこちらから。

http://www.ztv.ne.jp/ann/ooatari/sigarakigakkai3.htm

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月24日 (木)

いよいよブログスタート

一時、ヤフーブログではじめてみたのですが・・やや相性悪く、こちらでお世話になることにしました。

よろしくお願いを。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

とりあえず2007年日記

2007.1.1 

あけましておめでとうございます。
まずは今年も・・よろしくお願いを。

他人事のように、信じられないも・・今年の誕生日を迎えると60歳・・それにしても、我ながらなんという成長のなさ、悔やんでも始まりませんが。

2007.1.20

アナログレコードをDVDにという作業を、某方にお願いしてやってもらったのですが・・これは感激。
なんせ、DVD化されてない(されていても入手困難な)楽曲がけっこうあって・・我秘蔵のアナログシングルを。

以下記しますと。

・とまらない汽車 中山千夏 千夏作詞、都倉俊一作曲。中山千夏といえば、この曲です。

・愛はポケットの中に 華盛 開(はなもり かい)  
 つかさたかし曲 「もし あなたに 奥さんと子供がいて私がじゃまなら ポケットの中でも入れて歩いて・・」という詩(華盛 開)が泣かせます。

Deltawarp_bimg499x49311464938190188

・アイアンサイド 安田 南  
 もちろん「鬼警部アイアンサイド」、クインシー・ジョーンズの曲に日本語が。安田 南さんの乗りが素晴らしいのです。このB面には、東宝映画「赤い鳥逃げた」の主題歌 「愛情砂漠」が。

・おたずねいたします ホリ ジュン

・私のビートルズ 常田富士男

・幻の人 茶木みやこ

・雨の日の花嫁 李 木蘭(リ ムーラン) 
 阿久 悠作詞、猪俣公章作曲。
「雨の日の花嫁は しあわせになると云う」、ここがサビです。

・もしもタヌキが世界にいたら シーラカンス
・  〃  2 ユミ 
 「なるほど!ザ・ワールド」のエンディングテーマ、荒木とよひさ作詞、坂本龍一作曲。
 例えば・・「もしもデンマークに タヌキがいたら 人魚タヌキになるでしょう グッディ タヌ キさん 首都はどこ グッディ それはね コペンハーゲン」・・とスペイン、中国、イギリス 他国々を回ってという次第。これが延々、のんびりとゆるーく続くのがたまりませぬ。

最近、新聞で全面広告が・・レコードを即座にCD化するというレコーダー。62,790円。ウーン、欲しい!

2007.2.3

○最近になって始めて知ったビーチバレーの浅尾美和さん(20)、まあ可愛い。171センチ。
シャラポワさん、なんと今は188センチ・・( いつか夢として、シャラポワアクションムーヴィーが・・観たい。)
もよろしいのですが、彼女も。

彼女が・・三重県・・津商業高校出身だったとは。

(写真集が発売されたとかですが、本屋さんに見当りませんねえ。)

そうそう、ミス日本の萩美香さん(23)も、津出身でした。

○渋谷連続バラバラ殺人事件(「のこぎり妻」という週刊文春のネーム付けがスゴイ。)、納豆アルアル大事件、宮崎ヒガシコクバル事件と・・今年もいろいろありすぎて・・。
「納豆」に関しては、いつも帰り路で買うたぬきマークの「たぬぷーのひきわり納豆」が・・なんせ納豆が納豆売り場にない世界に・・驚きました。
世の中、足し算と引き算の世界ですが・・時々微妙な算式になるわけで。

2007.3.18

○奈良のお水取りも終わったというのに、未だ寒い。「暖冬」だったはずが、ここにきて。

○ほんに何年ぶりか・・熱が38度5分・・知恵熱かと思うほどの久しぶり。
毛布に包まって汗だくの後、あっという間に平熱に。
インフルエンザではなかったようです。

○HPのほう、映画更新だけで、たぬき更新が今ひとつ。
反省しきりです。

2007.3.25
○やっと暖かく・・しかし未だ風邪癖が抜けきらないという昨今。

○ふと手にした文庫本。
これが、三重県松阪市出身、現役高校教師という中川勝之さんの推理小説。
そのタイトルが、「三重県立癒着高校」「「三重県立怨恨高校」(新風舎文庫)。まあ凄いタイトル、そして完全な三重県ローカル小説、皆さん三重県弁を使い、「松阪」はちゃんと「松っつぁか」なのです。舞台は、県立津南高校、桑名商業高校、県教育委員会、他他。

高校教育現場の恥部を暴くといった背景もあって、これはオススメと思うのですが、津市内の本屋さん、どこへ行っても置いてないというのはどういうことなんかいなあ。
みつけたのは、四日市の宮脇書店さんでした。
「三重県立怨恨高校Ⅱ」を予約注文中です。怨恨って字が・・「えんこん」って読むんですねえ。

○「たぬきと絵本4」の頁を新設。
マンガ本も揃えてみました。

2007.4.22
○最近、親知らずを抜き・・。
ドクターを信頼して、歯の治療に専念?しかししかし、1時間という時間は・・拷問時間。映画「マラソンマン」を思い出す今日この頃。

薬のせいか、歯のせいか、頭の中が以前にも増して朦朧と。いくら眠っても眼たいってのは「春」のせいか「何」のせいか。

○サイト頭でリンク中でした「たぬぷー」の松阪たぬみせさんが、工場が全焼、創業者であるお婆様が亡くなられたと聞き・・ご冥福をお祈りするとともに、一日も早い復旧を。

「たぬぷーのひきわり納豆」を常食にしていた私にとっては。

2007.5.6
○5月4日は、信楽・陶芸の森にて開催中の「ようこそ たぬき御殿へ」へ。
黄金週間の真っ只中、行ってまいりました。
駅前陶器市もあって車も人もいっぱい。
さてさて、「たぬきSigaraki0607御殿」は、130点の狸展示物でたぬきの歴史が綴られ実に味わい深いものがありました。
お外のたぬきカフェで、たぬきケーキ(飯田市のオキナヤさん特製)を。
帰り路、クラフトさんではたぬきグッズに囲まれて、アイスクリーム入りのたぬき最中を。
満足満足のたぬき日和の一日でありました。

| | コメント (1) | トラックバック (5)

トップページ | 2007年6月 »